渡邉 明

 

1.略歴

 1987年3月  東京大学文学部英語英米文学専修課程卒業

 1989年3月  東京大学大学院人文科学研究科英語英文学専攻修士課程修了

 1993年9月  マサチューセッツ工科大学大学院言語・哲学科博士課程修了

        博士号(Ph.D. in Linguistics)取得

        博士論文 AGR-Based Case Theory and Its Interaction with the A-bar System

 1994年4月  神田外語大学外国語学部英米語学科専任講師

 1997年4月  同     大学院言語科学研究科助教授

 1998年4月  東京大学大学院人文社会系研究科助教授

2.主な研究活動

 a 専門分野 と b 研究課題

   概要

   DPの内部構造、古代日本語の話題・焦点構造、および否定一致

 c 研究業績

 (1) 著書

共著、Miyagawa, Shigeru & Saito, Mamoru (eds.), Watanabe, Akira他、「The Oxford Handbook of Japanese Linguistics」、Oxford University Press、2008

共著、Tetsuya Sano他 、「An Enterprise in the Cognitive: A festschrift for Yukio Otsu」、2008.3

単著、「生成文法」、東京大学出版会、2009.1

共著、Crisma, Paola & Longobardi, Giuseppe (eds.), Watanabe, Akira他、「Historical Syntax and Linguistic Theory」、Oxford University Press、2009

 (2)論文

「生物言語学」、月刊言語、37巻5号、2008.5

「Vague Quantity, Numerals, and Natural Numbers」、Syntax、13、2010

「Notes on Nominal Ellipsis and the Nature of No and Classifiers in Japanese」、Journal of East Asian Linguistics 、2010

 (3)予稿・会議録

招待講演、「Measure phrases in PP」、Keio University、2009.3、「The Proceedings of the Tenth Tokyo Conference on Psycholinguistics」、pp.1-25、2009.12

 (4)学会発表

「Measure Phrases Across Categories」、福岡言語学サークル、九州大学、2008.7.19

「Dissolving Chains」、1st International Workshop on Chains in Minimalism、横浜国立大学、2008.8.8

「Measure Phrases in PP」、Tokyo Conference on Psycholinguistics、慶応大学、2009.3.13

「A Morphological Solution to Agreement Puzzles in Slavic」、7th Mediterranean Morphology Meeting、Cyprus、2009.9

 

3.主な社会活動

 (1)他機関での講義等

Stony Brook University特別講演、2009.3

 (2)学外組織委員(学協会、省庁を除く)委員・役員

「the Language Faculty and Beyond (John Benjamins)」、advisory board member、2008~

「University of Tromso」、博士論文外部審査委員、2010.1~2010.3

「Journal of East Asian Linguistics (Springer)」、editorial board member、2008~2009

「Lingua (Elsvier)」、editorial board member、2008~2009

「Natural Language and Linguistic Theory (Springer)」、editorial board member、2008~2009