原典を読む

「原典を読む」は、東京大学の全ての学部(駒場の前期課程も含みます)の学生を対象に、日頃から関心は持ってはいてもなかなか紐解く機会のない、古今東西の古典や重要文献を購読形式で味読することを目的に開かれています。これを機に、一行一行をじっくり解釈しながら読み解いていく快楽を味わってみて下さい。

この科目は、もともとは2001年度までの「外国文学講読」を発展させたもので、文学部が専門課程における教養教育の一環を積極的に担うこと、具体的には理科系ないし社会科学系の学部に在籍する学生諸君に、外国文学の講読を通じて幅広い人間教育を行うことを目的にしていました。もちろん、文学部の学問は、外国文学だけに限られているわけではありません。哲学、思想、歴史、社会学や心理学などの幅広い分野が研究対象です。しかも、そこに共通するのは、それらの学問の基本が広義の文献学、すなわちテキストの解読であることです。そこで、2002年度からこの科目の開設を文学部全体に広げ、名称も「原典を読む」に改めることにしました。したがってここに言う「原典」とは外国語文献だけでなく、日本語文献や時には翻訳文献も含まれることになります。

テキストの解読は決してたやすいことではありません。日本語文献であっても、「日本語なのだから、読めばわかるだろう」式の安易な姿勢で接すると、大きな間違いをしでかします。テキストを解読するには、一定の方法に従いながら、きちんと筋道を立て、その上で内容を解釈していく地道な作業が求められます。そうした作業を実践的に学んでいくことが、ここでの目標になります。慣れないうちは面倒と感じるかもしれませんが、はまり込むとそれが愉悦に変わります。文学部の学問の楽しさはそこにあります。教員との人間的な触れあいが得られるのも、この科目の魅力といえます。担当するのは、すべて文学部の専任教員です。少人数向けというのが原則ですから、ずいぶんと贅沢なことかもしれません。マスプロ授業の経験しかない諸君は、ぜひ一度こうした手作りの授業を味わってみて下さい。

本年度の「原典を読む」開講科目は、以下の通りです。


藤井省三(中国語中国文学)、「ノーベル文学賞作家、莫言の短篇集を読む」(後期教養教育科目)
2012年のノーベル文学賞は、中国作家の莫言(モーイエン、ばくげん、1955~)に授与されました。莫言さんが川端康成の影響下で書いた中国農村物語とは何か、ガルシア・マルケスに触発されて如何なる中国魔術的リアリズムを創造したのか、如何にして魯迅文学と接続し断絶したのか、突如としてトルストイ『アンナ・カレーニナ』(安那·卡莱尼娜)が登場するのはなぜか・・・・莫言文学における中国農民のみずみずしい感性と人民共和国の黒い霧への冷徹な眼差しに注目しつつ、初期短篇集を読みましょう。
重藤実(ドイツ語ドイツ文学)、「エーリッヒ・ケストナーの『ティル・オイレンシュピーゲル』を読む」(後期教養教育科目
ケストナーには、伝説などの素材をもとに書いた子供向け物語もいくつかある。この授業では、民衆本に基づく『ティル・オイレンシュピーゲル』をドイツ語で読む。比較的平易なドイツ語を正確に読むことを第一の目的とするが、民衆本(『ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら』、阿部謹也訳、岩波文庫)と比較し、ケストナーの子供向け物語の特徴も考察する。
大宮勘一郎(ドイツ語ドイツ文学)、「R.ムージール『三人の女たち』を読む」(後期教養教育科目)
Musilの物語を精読することで、ドイツ語の読解力を深めてゆく。
月村辰雄(フランス語フランス文学)、「ギユラーグ伯『ポルトガル尼僧の手紙(ポルトガル文)』を読む」
スタンダールの『恋愛論』やドニ・ド・ルージュモンの『愛について』などで情熱恋愛の典型として名高い恋愛書簡の名作を講読する。17世紀後半、ポルトガル駐留のフランス軍士官が土地の修道女と激しい恋に陥るが、士官は突然フランスへ帰ってしまう。修道女が彼の不実をなじり、しかし、なじりながらも苦しい思いを訴えるその書簡は、真実の恋の結晶として長いあいだ人々を感動させてきた。それが、あるフランス人外交官の創作であると結論付けられたのは近年のことである。この逆転のドラマを背景に、フランス古典主義の傑作を丁寧に読み解いてゆきたい。
柳原孝敦(現代文芸論)、「ホルヘ・ルイス・ボルヘス『伝奇集』を読む
ホルヘ・ルイス・ボルヘス(1899-1986)の短編集『伝奇集』(1944)は完結にして美しい文体で、実に多くを示唆した豊かな文学作品である。翻訳を通じて読む者はその文学史上の意義は感得することができるだろうが、残念ながら文体上の技巧を実感することは難しい。本講ではそんなボルヘス作品を味わいながら精読することとする。
葛西康徳(西洋古典学)、「『法学提要Institutiones』を読む」
本授業は、ユスティニアヌスの『法学提要』をテキストして、参加者全員で購読し、担当者が毎回割り当てられた部分を読解、説明することを通じて、西洋古代社会の基本骨格、さらにはそれをモデルに作り上げた西洋社会の基本骨格について、大まかな見通しをもつことを目的とする。法学作品は法学のためだけにあるのではなく、社会を理解す重要な資料である。法学著作はテクニカルな用語に妨害されて、法学を学んだことのない人には敬遠されがちであるが、これはとてももったいないことである。ぜひ、いろいろな専攻の学生が参加してくれることを期待している。
古井戸秀夫(文化資源学)、「歌舞伎の所作事を読む」
歌舞伎の代表的な舞踏曲を読みます。