多分野交流プロジェクト研究(大学院「多分野交流演習」)

多分野交流プロジェクト研究は、平成7年4月に大学院が改組され、いわゆる「大学院重点化」が行なわれた際に、その改革の中核的な位置を占めるものの一つとして発足した。すでに平成5年度より部分的に試行されてはきたが、平成7年度の正式な発足により、本プロジェクトは人文社会系研究科の専任教員に加え、15名の客員教員(併任教授5名、連携教授・助教授10名)の参加を得て、本格的にスタートすることになったのである。

発足に際しては、<人間と価値>、<歴史と地域>、<創造と発信>、<社会と環境>という4つの大テーマが立てられた。そして、それぞれのグループの主査のもとに、多くの人文社会系研究科所属教員と複数の客員教員(1プロジェクト平均3~4名)が集まって共同研究の態勢を整え、博士課程の大学院生の参加を得て、共同研究が進められてきた。なお2000年度からは、より広範な大学院生の参加を認めるべきであるという考え方から、院生は博士課程に限定せず、修士課程院生の参加も認めている。このような形で長期間にわたって、狭い個別の専門分野を超えたプロジェクト研究を行なうことは、本研究科にとって、とりわけその人文系の学問分野にとって、新たな画期的な試みである。

このプロジェクトは、本研究科がその長い歴史のなかで培ってきた学問諸分野の個々の成果を基礎にしながら、各領域間での交流を行ない、人文・社会系の学問に新たな活力を与えようとするものである。ともすれば固定・停滞しがちな従来のディシプリンの枠組みを超えての交流・討論は、新たな視点からのテーマの発見や新しい研究領域の開拓にもつながっていくことが期待される。いずれの講座においても、専門もさまざまに異なる、まさに多分野からの学生が参加しており、そういった意味でこのプロジェクトは、教員にとってはもちろんのこと、今後の学界の発展を担っていくべき若い大学院生たちにとっても、よき創造的な刺激の場として機能しているものと評価できよう。

平成11年度からは、発足当初の4つの基本的なテーマに限らず、柔軟に様々なテーマに対応することによって、本プロジェクトの持つ潜在的な可能性をさらに追求することになった。この年に設けられた<情報と文化:文化資源と人文社会学>は、新設を計画していた「文化資源学」専攻を準備するためのプロジェクトであり、院生のほかに、文化資源学ワーキング・グループ全員と、本学以外の諸文化機関の専門家が参加した。また平成14年度の「人間の尊厳、生命の倫理を問う」は、同年新設の「応用倫理教育プログラム」の一環をなす演習としても認定された。このように多分野交流プロジェクト研究は、人文社会系における新しい研究領域を開拓していくための重要な役割を担うようになっており、これは本プロジェクトにとって新たな重要な展開といえよう。

多分野交流プロジェクト研究の推進のためにはワーキング・グループ事務局が設置され、そこでプロジェクト全体の調整や広報のため、ニューズレターが発行されており、プロジェクト案内の他、関連エッセイなども掲載されている。

2015年度、「多分野交流演習」として大学院で開講されるプロジェクトは以下の通り。


「東京大学草創期の授業再現 2」
主査:葛西康徳
教員:吉原達也、松本英実、納富信留、溜箭将之、渡邉顕彦、河添房江、野津寛
日本の学問、特に人文社会科学は、世界の学問から孤立している、と言われることがあるが、それは発信言語(日本語)にのみ原因があるのであろうか?換言すれば、日本語で発表された業績を「英訳」すれば、問題は解決するのであろうか?そもそも、「英訳」できるのだろうか? 周知のように、東京大学の草創期、「洋学」はお雇い外国人によって、彼らの母国語(英独仏)で為された。その点に限って言えば、これらの授業は世界とつながっていたのである。そこで、いつ、なぜ、独自の発生を遂げていったのか?洋学以外の学問、即ち、漢学や国学は、東京大学創立後、それ以前とどのように異なるのか?そこに連続はあるのか?本授業はこれらの疑問を抱えたまま、具体的な学問分野ごとに、変化の足跡をたどり、原因を究明したい。人文社会科学の「初期化」を計る。
「リズムの諸問題3:リズムと科学」
主査:鈴木泉
教員:宮田眞治、加國尚志
人間や動物の生のリズム、文学や芸術におけるリズム等々、様々な現象において現れるリズムの諸側面を分析・解明することを通して、リズム概念を哲学的に洗練させることを目指す。四年ほどの時間をかけることを予定しているが、三年目となる本年度は、リズムという主題・概念を、生物学を中心とした科学を素材に練り上げることを目指す。