各種届出様式(大学院学生)

  • 書類は自筆にて記入の上、原本を提出してください(消しゴム等で消せるボールペンでの記入は不可)。
  • 郵送での提出は受付けません。 直接、大学院係窓口に、本人もしくは代理人(※1)が指導教員及び専門分野主任の押印した「**願」とその他の必要書類一式を提出してください。
    ※新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から、記入した届出(電子媒体)を指導教員へメールで送付し、指導教員より大学院係へご提出いただくことも可能です。
  • 提出書類の受付期間は下記のとおりです。
    •    ・3月31日もしくは4月1日付での学籍異動: 1月中
    •    ・9月30日もしくは10月1日付での学籍異動:6月から8月末
    •    ※受付期間内に書類が提出できない事情がある場合には、事前に大学院係までご相談ください。
    • ※上記以外の場合は、異動(開始)日の1ヶ月前までに大学院係へ提出してください(ただし、9月1日からの学籍異動については、別途、在学生ポータルにて通知を行う)。

(※1)代理提出の場合には「委任状」を作成すること。

休学関係

休学の要件 提出書類 (「休学願」は自筆にて記入の上、原本を提出すること

新型コロナウイルス感染症による影響により教育・研究に支障があるとして2月以上の休学を必要とするとき
(休学期間に算入されない休学)

「休学願(コロナ用)」、「教育・研究に支障があるとした具体的な理由書(様式任意、A4用紙に自署(記名・捺印可)をすること)」、「指導教員の理由書」

※新型コロナウイルス感染症による経済的理由は、休学期間に算入されない休学には含まれませんので、ご注意ください。

病気のため引き続き2月以上修学することができないとき(病気) 「休学願」、「医師の診断書〔病気療養のため、○○期間程度(休学予定期間)休養する必要がある旨記入してもらうこと〕」
海外の教育・研究施設において修学するため2月以上の休学を必要とするとき (海外における修学) 「休学願」「修学計画書」、「受入先の許可書(写)又は在学証明書」(※2)及びその「和訳」
海外における調査・見学のため2月以上の休学を必要とするとき(海外における調査・見学) 「休学願」「調査・見学計画書」、「調査・見学の日程表〔様式任意:A4用紙に、大まかな日程を記入し、自署(記名・捺印可)をすること〕」
経済的理由によって2月以上の休学を必要とするとき (経済的理由) 「休学願」、「具体的な理由書(様式任意:A4用紙に、奨学金を受給していない、親族からの援助はないためアルバイトをしなくてはならない等、経済状況を詳細に記入し、自署(記名・捺印可)をすること)」
外国人で、やむを得ない事情により一時帰国するため2月以上の休学を必要とするとき (一時帰国) 「休学願」、「具体的な理由書」
出産又は育児のため2月以上の休学を必要とするとき(出産又は育児) 「休学願」、「母子手帳(写)」、「状況説明書〔様式任意:A4用紙に、予定日等を記入し、自署(記名・捺印可)をすること〕」
日常生活を営むのに支障がある者の介護をするため2月以上の休学を必要とするとき (介護) 「休学願」、「医師の診断書」
自発的に社会に貢献する活動に参加するため2月以上の休学を必要とするとき (社会に貢献する活動) 「休学願」、「具体的な計画書(自署(記名・捺印可)すること)」

(※2)受入許可書等が後日になる場合は「理由書」を添付すること。

その他

事由 提出書類 (「**願、届」は自筆にて記入の上、原本を提出すること)
在学期間延長(※3) 「修士課程在学期間延長届」もしくは、「博士課程在学期間延長届」
復学 「復学願」(病気による休学の場合には、「医師の診断書」を添付すること)
留学 「留学許可願(A3判またはA4判2頁)」、「受入先の許可書(写)又は在学証明書」(※2)及びその「和訳」
改姓名 「改姓名届」、「公的機関の証明書」(住民票、戸籍抄本など)

(※3)学生証の写真の更新を希望する場合には、提出時に「縦4センチ×横3センチ」の写真をご持参ください。

研究指導委託申請書、学術調査等のための海外渡航申請書及び退学願は大学院係窓口にて受け取ってください。

提出書類 (「**願」は自筆にて記入の上、原本を提出すること)