文学部について

明治10年(1877)に、東京大学は、文学部・法学部・理学部・医学部の4学部で誕生しました。この時点で、文学部は、史学・哲学及政治学科と和漢文学科から成り立っていました。間もなく政治学科は法学部へと移されますから、文学部は歴史・哲学・文学を学ぶ場として歴史を歩み始めたことになります。

文学部の「文」とは、まずは文字であり、文字で書かれた文章・文献・書物の総体を指しました。人間はことばを持ち、それを文字で記し、伝え、文化を生み出してきました。文学部とは、何よりもまず、人間について考える場にほかなりません。

それから130余年の間に、文学部の教育研究領域は拡大し、文字以外の文化を視野に収める考古学、美術史学、音楽学、心理学、社会学などをも加え、今日では27の専修課程を擁するに至りました。

この専修課程が文学部における基本的な単位で、しばしば研究室と呼ばれます。それぞれの学問領域も伝統も気風も大きく異なりますが、その独自性は可能なかぎり尊重されてきました。したがって、文学部は27の専修課程に分かれているというより、27の専修課程が集まって文学部を構成しているといったほうが適当かもしれません。専修課程は教員(教授、准教授、助教、外国人教師)と学生(大学院生、学部学生、研究生)によって構成されます。このホームページでも研究室という名前で、その教育研究活動を紹介することにします。

なお、27の専修課程は、思想文化学科・歴史文化学科・言語文化学科・行動文化学科という4学科にゆるやかにまとめられています。それぞれの教育研究目的をご覧ください。

文学部4学科の教育研究の目的

思想文化学科 人間は古来、みずからの存在の意味を問い、また世界と自己との関係を問うてきた。そのような営みの結果は、さまざまな哲学・思想・宗教といった文化遺産の形をとって存在している。思想文化学科の教育は、西洋、中国、インド、日本、イスラム等の各文化圏にわたって展開された人類の思想文化的遺産を探究し、もって人類普遍の価値の実現に寄与する人材の養成を目的とする。
歴史文化学科 人間の歴史的な営みは、文書・記録・考古資料・美術品などの形をとって現在に至るまで伝承されている。歴史文化学科の教育は、地球上の各地域に存在するそうした一次史料を正確に理解する能力を鍛錬し、それによって歴史事象についての考察を深め、また歴史を学ぶことを通じて現代の社会・文化に対しても批判力を持ち、新たな文化の創造に貢献する人材の養成を目的とする。
言語文化学科 人間の思考や認識を支えるものはさまざまな言語システムであり、諸言語によって残された多様な文学的文献は人間をめぐる深い理解を内蔵している。言語文化学科の教育は、諸言語を科学的に考究し、また文学的なテクストの精読を通して人間とその多様な言語文化に関する深い理解と洞察力を涵養し、その知見を生かして社会のさまざまな分野に貢献する人材の養成を目的とする。
行動文化学科 人間と集団の認知と行動は、心理学的、社会心理学的、社会学的に解明されるべき諸現象を形成する。行動文化学科の教育は、そうした現象を解明するための実験、調査、観察、資料分析等の方法を習得させながら、諸現象と理論的・実証的に取り組むことをつうじて社会や人間を見る目を養い、広い視野をもって人類文化の発展に寄与する、社会的に有為な人材の養成を目的とする。

※平成30年度進学者から人文学科一学科制が適用されます。