教 授  大西 克也  (中国語中国文学研究室/文化資源学研究室)

所属
  • 【言語文化学科】中国語中国文学専修課程
  • 【アジア文化研究専攻】中国語中国文学専門分野
  • 【文化資源学研究専攻】文化資源学専門分野

専門は古代中国語文法で、特に「上古漢語」と呼ばれる秦漢以前の中国語に関心が深い。資料として重視しているのは、戦国秦漢時代の出土文書で、同時代資料としての特徴を活かして、古代方言による語彙文法の違いの解明を行なってきた。また文字そのものにも関心があり、音韻的な観点から出土文字の考釈も行なっている。文書学専門分野の授業で取り上げているのは、甲骨文から始皇帝の文字統一に至る古文字の歴史である。また近年は、従来の研究ではあまり顧みられなかった動詞の性質に興味を持ち、能格性や無標の受身構文に関する研究を行なっている。

詳細情報  2008-2009年度  2010-2011年度  2012-2013年度  2014-2015年度
研究室