在学中の留学生の皆さんへ - 在留資格に関すること

在留期間更新申請 及び 資格外活動許可申請手続について

在留期間更新申請は、在留期間が満了する3ヶ月前から行うことが出来ます。

1.在留期間更新申請書について

在留期間更新申請書の形式は、「留学生が作成する書類」と「大学が作成する書類」の2部構成となっています。
在留期間更新申請をする方は、まず、「留学生が作成する書類」(3枚)を記入したうえで、国際交流室へお越しください。内容を確認後、「大学が作成する書類」(2枚)を作成し、翌々日お渡しします。 在留期間更新申請書は国際交流室にありますので、日にちに余裕を持って取りに来てください。

その他、在留期間更新手続きに必要な書類はこちらをご覧ください。

2.資格外活動許可申請

資格外活動(アルバイト)を行う予定の方は、在留期間更新手続の際に、資格外活動許可申請も行って下さい。
資格外活動許可申請書は国際交流室にあります。


卒業後の在留資格について

卒業後に日本に在留する場合は、在留資格を「留学」から日本国内で行う活動に応じて他の在留資格に変更しなければなりません。就職等により日本滞在を継続する場合は、速やかに在留資格の変更を行ってください。

また、許可された在留資格「留学」の在留期限が卒業した後残っていたとしても、大学を卒業した後は、留学生ではありませんから、日本滞在を継続する場合は、在留資格の変更が必要です。これらの手続きを怠ると不法滞在となる場合もあるので充分注意してください。


活動機関に関する届出について

2012年7月9日から新しい在留管理制度が導入されたことにともない、留学生本人による「活動機関に関する届出」が必要になりました。東京大学を卒業・修了または退学して大学を離れる場合は、14日以内に、下記の書類を東京入国管理局へ提出してください。

【提出書類】
【提出方法】
  • 郵送する場合  〒108-8255 東京都港区港南5-5-30
            東京入国管理局 在留管理情報部門
    *封筒の表面に、「届出書在中」と赤字で書いてください。
    *在留カードのコピーを必ず同封してください。
  • 持参する場合  東京入国管理局2階C4 カウンターへ提出してください。
    *在留カードを必ず持参してください。
    *窓口の混雑が予想されますので、なるべく、書類は郵送してください。

ビザ・コンサルティング・サービスについて

東京大学では、外国人研究者や留学生の皆さんの、在留資格等に係るさまざまな質問に迅速にお答えするため、また、外国人研究者を招へいする本学教職員の利便を図るため、ビザ・コンサルティング・サービス(在留資格関連業務)を提供しています。