日本学生支援機構(JASSO)2021年度海外留学支援制度(大学院学位取得型)について 2020年9月10日


標記について、申請を希望する者は、下記URLより募集書類をダウンロードし、募集要項等を熟読の上、期日までに必要書類を提出してください。
※今年度より応募方法に大きな変更がございますので、ご注意ください。

【学内募集要項】
2021年度学内募集要項は以下のページより確認してください。
https://www.u-tokyo.ac.jp/adm/go-global/ja/scholarship-list-jasso-longterm.html
【JASSO募集関係書類】
JASSO募集関係書類は以下のページよりダウンロードできます。
https://www.jasso.go.jp/ryugaku/tantosha/study_a/long_term_h/2021.html
(「学内募集要項」、「申請の手引」を必ず確認の上、書類の作成と申請手続きを行うこと。)

【申請の流れ】

【応募者登録依頼】
 「氏名」、「メールアドレス」、応募の意志を記載したメールを大学院係にお送りください。
 メールの件名は「2021年度JASSO学位取得型申請(所属・氏名)」とすること。
 手続き後、登録メールアドレス宛に「学位応募システム」で申請するために必要な情報が届きます。
  ↓ 
【申請手続き(1):「学位応募システム」での申請】
 システム応募受付期間内に「学位応募システム」で申請を完了させてください。
 推薦状は応募者から推薦者へ依頼をし、推薦者が直接推薦状提出用システムより提出します。
 推薦状提出に必要な「選考管理番号」(G+「選考管理ID」 (例G20009999))を推薦者に伝えてください。
  ↓ 
【申請手続き(2):大学院係への申請書類の提出】
 申請データ提出期限までに、下記のURLに書類一式をアップロードしてください。
 なお、大学院係への推薦状の提出は不要です。
 申請手続き(2)だけでは申請は完了しません。必ず(1)を済ませてください。

【申請期限・提出先】

○応募者登録依頼期限:令和2年10月8日(木)
 ※大学院係(in(アットマーク)l.u-tokyo.ac.jp)宛にメールを送付してください。
 ※上記期限までに応募者登録の依頼がない場合、申請に必要な応募者用マイページの作成が
 できませんので、必ず期限までに依頼を行ってください

○申請者によるシステム応募受付期間:令和2年10月1日(木)~10月15日(木)13:00まで
 ※上記期間に、必ずご自身で「学位応募システム」上での申請を終えてください。
 ※「学位応募システム」での申請に必要な情報は、応募者登録依頼後に登録メールアドレスに送付されます。
 ※「学位応募システム」での応募受付期間を過ぎてからの申請は認められないので、注意してください。

○大学院係への申請書類の提出期限:令和2年10月15日(木)
 学内募集要項の「2.提出物」に記載された書類一式を以下のURLにアップロードしてください。
 https://webfs.adm.u-tokyo.ac.jp/public/211MgARIFctAkl4BU7d0bhRxamiplipW-ROW3WEnQnrq
 ※アップロードする際、書類一式をzipファイル等の1つのファイルにまとめてください。
 ※本URLに書類をアップロードしただけでは申請は完了しません。必ず「学位応募システム」での申請を完了させてください

【応募者登録依頼・問合せ先】
大学院係(in(アットマーク)l.u-tokyo.ac.jp)
メールの件名は「2021年度JASSO学位取得型申請(所属・氏名)」とすること。

【留意点等】
○応募者登録依頼後、「学位応募システム」での応募者用マイページ発行までには2営業日以上を要することがあります。
 また、締切直前はアクセスが集中することが予想されます。アクセスの集中やインターネット環境の不具合が原因による
 救済措置はありませんので、早めに依頼してください。

○博士課程の修了見込証明書については、人文社会系研究科では博士論文提出者で最終審査を経たものに限り申請可能と
  しているため、本奨学金申請時点では発行されない旨を記した理由書を作成し、博士課程修了見込証明書に代えて
  提出してください。 理由書には、作成年月日、本人署名または捺印を含めて作成してください。
  ※提出は不要です。

○既に正式な課程に留学している場合は、留学先大学の成績証明書も提出してください。

○推薦状について、受付センターが提出された推薦状を出力した際、手書き署名が印字される状態で提出してください。

○「提出する全ての書類が審査対象」となりますので、審査員にとって見やすい書類となっているかを意識して
  書類の作成を心がけてください。また、応募書類に欠落(不足)や記入漏れ等があった場合には審査の対象
  にならないこと、また機構が応募書類を受理した後は応募書類の差し替えや訂正は認めていないことを
  踏まえ、十分留意した上で書類を作成し、出願書類確認表(応募者用)にて最終確認をしたうえで
  システムへ提出してください。

○採用決定後、留学先大学(第一希望)(第二希望)以外の大学への変更は原則認められていません。
  再審査についても必ず承認されるとは限らないため、希望する留学先大学については熟考の上
  決定してください。