韓国朝鮮文化研究室:研究室一覧

TEL:
03-5841-3636
FAX:
03-5841-3636
E-MAIL:
korea@l.u-tokyo.ac.jp

1993年4月に文学部附属文化交流研究施設に設置された朝鮮文化部門を母体として、学部学生の定員をもたない大学院のみの独立専攻として2002年4月に開設された。大学院レベルとしては日本で最初の韓国朝鮮文化に関する専門的な教育・研究組織である。韓国朝鮮歴史文化、韓国朝鮮言語社会の2専門分野で構成されている。

研究室は現在、文学部を離れて、赤門前の赤門総合研究棟7階にある。

朝鮮半島と日本列島は、古代から現代に至るまで、政治・経済・社会・文化という、人間生活のさまざまな分野で深い交流を結んできた。日本列島で人々が作り出してきた歴史と文化が、朝鮮半島のそれと分かちがたく結びつき、今日もなお続いている。その重要性をいち早く認識したのが東京大学であり、すでに 1916年、全国の大学にさきがけて文学部に朝鮮史講座を設置し、池内宏教授のもとに本格的な研究と教育を始め、日本における韓国朝鮮研究の中心的役割を果たしてきた。この講座は東洋史専修課程に引き継がれ、田川孝三・武田幸男という先学がその伝統を守り発展させてきた。それが朝鮮文化研究室として独立し、韓国朝鮮文化研究専攻の開設へとつながった。韓国朝鮮文化研究専攻は、歴史学・考古学・社会学・思想学・言語学・文学・文化人類学など、多方面から韓国朝鮮の社会と文化を総合的に研究することを目的としており、伝統時代と現代とをあわせて探求している。

本研究室は学部課程をもっていないが、東洋史学、日本史学、考古学、社会学、中国思想文化学、言語学など、専門的に関係の深い各専修課程と密接な協力関係をもって、韓国朝鮮文化に関する学部授業を担当している。

所属学生には韓国・中国からの留学生が多く、国際的な雰囲気の中で勉学を続けている。

研究室ホームページ: