考古学研究室:研究室一覧

TEL:
03-5841-3793
FAX:
03-5841-3793
担当教員: 大貫 静夫 教授  佐藤 宏之 教授(研究室主任・歴史文化学科長)  設楽 博己 教授

考古学とは、文字で記録されなかった歴史を「物」を通して明らかにする学問である。したがって対象は、文字による記録が残る以前か、あまり残らない時代が主となる。では、その後は文献史学にまかせればよいかといえばそうとも限らない。物質文化や庶民の生活など文献記録に残らない部分というのは意外に多く、最近は、中世や江戸時代の考古学も盛んである。

考古学の基本は遺跡の発掘であり、3Kの学問と呼ばれることもあるが、これをやりとげる強靭な意志が必要である。また、苦労して得た「物」も、こちらが黙っていては何も語ってくれない。「物」に語らせる方法こそが、考古学の本領である。その際に基本となるのは、属性の変化を時間軸、空間軸に配置し、そこから歴史的な文脈を読み取る「型式学」であるが、他にも、「物」に歴史を語らせるには、有効なあらゆる手法を駆使しなければならない。こうした地道な分析をおろそかにした宝探しのような新発見物語は学問ではありえない。

文学部考古学研究室は中国大陸を舞台とした戦前の東洋考古学から始まっている。文学部に考古学専攻が設置されたのは終戦直後の1946年で、学生が学び始めるのは翌年以降のことであるが、東洋考古学の伝統は引き継がれ、歴代の教員や先輩には東アジアを主とする外国の考古学を研究する者が多い。また、大陸との関係を考えながら北海道を研究する者が多いのも、その流れの中にある。ただし、最近は、日本の旧石器、縄文、弥生時代などを研究する者が多くなっている。

学部においては、まず基本的分析方法と発掘の技術を学び、その後、実習を行う。幸い、東大は北海道のオホーツク海沿岸の常呂町に独自の実習施設を持っており、そこで教員と学生が、いわゆる同じ釜の飯を食うという共同生活を送りながら、発掘調査をする。こうして基本を身につけたら、さらに自らテーマを決めて卒業論文の作成に取り組む。卒論のテーマは、もちろん日本の考古学を選ぶ学生は多いが、国内では、常呂実習施設での発掘体験が影響するのであろうが、北海道を対象とする学生が多いことや、外国を研究する学生も多いのが本研究室の特徴であろう。外国では朝鮮、中国、西アジアが多い。専任の教員の数は3人と決して多くはなく、かつ日本を含めた東アジアに限られるが、学生が学ぶべきことは、どの地域、時代の研究にも共通する発掘、分析の方法であり、そのこと自体は学生が研究テーマを選ぶ際にあまり大きな障害にはならない。また、海外調査や留学の機会は飛躍的に増しており、以前では考えられなかった恵まれた状況にある。本研究室を卒業し、日本を含め、世界各地のさまざまな時代の考古学を研究している先輩が、学内外に多数いる。研究をおこなう際の大きな頼みとなるであろう。

かつては考古学を専攻する者は少なく、「考古学を専攻する=研究職を目指す」という図式が成り立っていて、学部教育は研究者育成の前段階としての色彩が濃かった。実際、今でも多くの学部生がそのまま大学院に進学し、考古学者を目指すことになる。しかし、今や考古学という分野もポピュラーになり、進学人数も増え、学部卒で就職する者も多い。放送や新聞社などのマスコミに就職する者が多いが、最近はさらにさまざま業種におよんでいる。考古学で培われるはずの発掘という厳しいフィールドワーク、それを成し遂げるため不可欠なチームワーク、さらに地道なデスクワーク、この3つの「ワーク」すべてに長けた人材の「発掘」を各企業が狙って採用されているのかは定かではない。

研究室ホームページ: