夏季入試の実施について――受験生のみなさんへ

※平成30(2018)年度 大学院人文社会系研究科夏季入試説明会(平成29(2017) 年4月23日開催)は終了しました。

平成30年度入試から、東京大学大学院人文社会系研究科では、修士課程にかぎって夏季入試を導入します。冬季入試は、これまでどおりの形式で全専門分野について実施されますが、夏季については、実施する専門分野と、とりあえず夏季は実施せず、これまでどおり冬季入試だけで学生諸君を受けいれる分野とが分かれますので、ご注意ください。

一部の専門分野で先行的に夏季入試を実施するに至りましたのは、ひとつには大学院受験生のみなさんに対して複数の受験機会を提供し、人文社会系研究科への入進学を、これまでよりさらに積極的にお考え頂きたいと希望しているからです。みなさんのなかで他大学をすでに卒業された方もいらっしゃるでしょう。そうした方には、春を待たず、本研究科への入学を決定する機会を準備したいと思っております。また東京大学文学部をすでに卒業された方、あるいは来春卒業予定の方々に対しては、たとえば一般企業への就職、公務員試験等の受験とならぶ、人生計画のひとつの選択肢として、大学院への進学をより早期から、やはり積極的にお考え頂けるものと考えております。

受験機会を複数化することによってまた私たちとしましては、従来とはすこし異質な受験生の方々との出逢いも期待しております。春を待たずに半年先の身の振りかたを考えることは、大学院受験生のみなさまにはすこし物遠く感じられるかもしれません。けれども見かたを変えれば、夏季の大学院入学試験で合格が決定すれば、春までの時間を修士課程での研究にむけた準備の期間に当てることも可能となるわけです。

みなさんの積極的な挑戦を、こころよりお待ちしております。あわせてこの入試説明会が、みなさんの志望を固める有益な機会となることを願ってやみません。

研究科長 熊野 純彦

平成30(2018)年度 大学院人文社会系研究科
夏季入試説明会開催日程

4月23日(日)

10:00
|
11:50
言語学 (法文1号館2階212教室)
考古学 (法文1号館1階112教室)
文化資源学 (法文2号館2階1番大教室)
12:00
|
13:50
心理学 (法文1号館3階315教室)
社会学 (法文2号館2階2番大教室)
14:00
|
15:50
倫理学 (法文1号館1階112教室)
宗教学宗教史学 (法文1号館1階113教室)
日本語日本文学 (法文2号館2階1番大教室)
フランス語フランス文学 (法文1号館2階216教室)
社会心理学 (法文2号館2階2番大教室)
韓国朝鮮文化 (法文1号館2階212教室)
16:00
|
17:50
ドイツ語ドイツ文学 (法文1号館1階112教室)

各説明会場へのアクセスはこちらをご覧ください(建物名をクリックすると詳細が表示されます)。

募集要項はこちらをご覧ください。 

*ただし、募集要項に記載されている「卒業論文もしくはそれに代わる論文」の提出について不明な点等ある場合には、志望する研究室に問い合わせください。問い合わせ先は、各専門分野をクリックしてください。

 

説明会開催日下記時間帯に、法文2号館地下1階・文学部複写センター(日本興業社)で、大学院入試問題の過去問題を入手できます。
4月23日(日) 11:00-16:30