大学院人文社会系研究科を志望される皆様へ

 

令和3(2021)年度大学院人文社会系研究科夏季入試については、以下のとおり決定いたしました。

 現今の新型コロナウイルス感染症対応のため、夏季入試においては対面式の試験は実施いたしません。つきましては、一部の専門分野では冬季のみの募集とし、夏季試験を実施する専門分野は実施方法を変更いたします。夏季入試での募集を中止する専門分野への出願を予定していた皆様には大変申し訳ありませんが、冬季入試への出願をご検討ください。

 また、募集要項に記載している実施方法を変更して入試を実施する専門分野に出願を予定している皆様は、オンラインでの入試を受験することが可能な環境であることが必要となりますので、出願にあたっては、このことに十分ご留意ください。なお、変更後の募集要項は6月11日以降にホームページ上で公開いたしますので、必ずご確認ください。

 

【夏季入試での募集を中止する専門分野】

心理学専門分野、日本語日本文学専門分野、フランス語フランス文学専門分野、ドイツ語ドイツ文学専門分野、スラヴ語スラヴ文学専門分野、社会心理学専門分野

 

【募集要項に記載している実施方法を変更して入試を実施する専門分野】(提出書類に一部変更がある場合がありますので、出願前にかならず「募集要項」ご確認ください)

言語学専門分野、考古学専門分野、社会学専門分野

 

**************************************************************************************************

4月19日(日)開催予定の「令和3(2021)年度 大学院人文社会系研究科夏季入試説明会」は新型コロナウィルス感染拡大防止のため中止いたしました。

大学院夏季入試についての情報はこのページに掲載いたします。今後募集中止や募集要項変更の可能性もありますので、夏季入試受験を志望される方は、必ずこのページで最新の情報を確認してください。

 

 本研究科では、2018年度入試から、修士課程にかぎって夏季入試を導入しました。冬季入試は、これまでどおり全専門分野が実施しますけれども、夏季については、実施する専門分野と実施しない分野とがありますので、ご注意ください。

 一部の専門分野ではありますが、先行的に夏季入試を実施するのは、早くから大学院への進学を考えているみなさんに対して、複数の受験機会を提供することで、大学院で学び研究を深めていくことを、人生計画のひとつの選択肢として積極的に考えていただきたいと思うからです。

 たとえば一般企業への就職、公務員試験等の受験、留学の準備などとならんで、大学院への進学と早くから向かい合うきっかけとなればと思います。まだ卒業論文への取り組みも本格的に進んでいないなか、将来の身の振りかたにも関わる入試に挑戦するのには、ためらいがあるかもしれません。けれども見かたを変えれば、夏季の入学試験で大学院の合格が決定すれば、春までの時間を卒論の完成も含めて修士課程での研究にむけた準備の期間に当てることも可能となり、これまでの学修とは異なる可能性が開かれるでしょう。国内外の大学をすでに卒業された方が、次の春を待たず、本研究科への入学を決められる機会にもなると思います。この入試を通じて、これまで以上に多くの、また多様な入進学生との出逢えることを期待しています。

 みなさんの積極的な挑戦を、こころよりお待ちしています。直接入試説明会を行えないのは残念ですが、みなさんが必要な情報を得るため、本ホームページが役立つことを願っています。

 

研究科長 大西 克也

令和3(2021)年度 大学院人文社会系研究科 夏季入試関連情報(専門分野名をクリック)

夏季入試実施 専門分野
考古学 スラヴ語スラヴ文学(夏季入試中止)
心理学(夏季入試中止) 社会学
言語学 日本語日本文学(夏季入試中止)
フランス語フランス文学(夏季入試中止) 社会心理学(夏季入試中止)
ドイツ語ドイツ文学(夏季入試中止)  

質問はこちら

質問の受付と、回答の掲載は終了しました。

 質問受付期間:5月31日(日)まで

 回答掲載期間:6月22日(月)まで

募集要項・過去問など

募集要項についてはこちらをご覧ください。 

 

大学院入試問題の過去問は、法文2号館地下1階・文学部複写センター(日本興業社)で入手できます。