『ロシア文化事典』出版記念シンポジウム

謎のロシア、魅惑の文化――ロシア文化史への新しいアプローチ 2020年2月15日開催


共催 東京大学文学部現代文芸論・スラヴ語スラヴ文学研究室、東京外国語大学沼野恭子研究室
協力 丸善出版他(株)、JIC 国際親善交流センター&ジェーアイシー旅行センター(株)

 

ロシア文化事典出版記念シンポジウム
謎のロシア魅惑の文化――ロシア文化史への新しいアプローチ

 

この度、丸善出版より『ロシア文化事典』が出版されました。沼野充義・望月哲男・池田嘉郎を編集代表とし、200名以上のロシア研究者が分担して、芸術から日常生活まで、ロシア文化のあらゆる面にわたって解説したもので、ロシア文化を主題とした日本で初めての大規模な事典です。
この出版を記念して、ロシア文化の多彩な魅力をめぐるシンポジウムを開催します。
入場自由(無料)、予約不要。一般公開イベントです。皆さまのご来聴を歓迎します。

 
 

日時 2019年2月15日(土)午後3時~6時15分
場所 東京大学本郷キャンパス 法文2号館2階文学部1番大教室

 

編集代表 池田嘉郎(東大)・沼野充義(東大)・望月哲男(中央学院大)
総合司会 沼野恭子(東京外国語大学)


 

詳細 現代文芸論研究室HP