ミラン・クンデラの詩学の基礎をなすもの 2020年1月11日開催


ヤクプ・チェシュカ氏特別講演

 

ミラン・クンデラの詩学の基礎をなすもの

(The Fundamentals of Milan Kundera’s Poetics)

 

講演者:ヤクプ・チェシュカ(カレル大学人文学部准教授)

ミラン・クンデラ、ボフミル・フラバルの専門家として第一線で活躍されている文学研究者ヤクプ・チェシュカ氏による講演会を開催いたします。本講演では、チェコ出身でフランス在住の小説家ミラン・クンデラの詩学をめぐって、チェコ時代の抒情詩の読解を中心に行ないながら、その後の小説家としての詩学の基礎をかたちづくったものについてご講演いただきます。

 

[日時]:2020年1月11日(土)15:00〜17:00
[会場]:東京大学本郷キャンパス法文1号館219教室

[ディスカッサント]:須藤輝彦(東京大学)/[司会]:阿部賢一(東京大学)

使用言語は英語、通訳はありません。 事前予約は不要です。

なお、同氏による講演会「ボフミル・フラバルの詩学の変わらぬもの」(通訳有)が、チェコセンター東京で開催されます。詳細は現代文芸論研究室ホームページをご覧下さい。

 

 主催:東京大学文学部現代文芸論研究室、科研費・基盤研究(C)「ボヘミア文学史の記述に関する研究」(研究課題番号:19K00493、研究代表者:阿部賢一)

詳細 現代文芸論研究室ホームページ<http://www.l.u-tokyo.ac.jp/genbun/>