第45回心理学研究室セミナー(四本裕子先生) 2019年12月9日開催


文学部心理学研究室では、第45回心理学研究室セミナーとして以下のような講演会を開催しますので、ふるってご参加下さい。なお、講演内容は大学院生以上を想定しております。


第45回心理学研究室セミナー

日時:2019年12月9日(月) 午後5時から

場所:法文1号館3階 312教室

【講師】 四本裕子先生 (東京大学)


【演題】 「ヒトの時間知覚のメカニズム」

【要旨】

視覚や聴覚と異なり、時間の知覚に特化した皮質領域は存在しない。時間の知覚は、対象となる時間長やモダリティによって、異なるメカニズムに基づいていると考えられる。また、特に意識せずとも時間が知覚できることもある一方で、記憶や注意の影響を受けることもある。本セミナーでは、視覚、聴覚、触覚のモダリティに関して、知覚の特性や注意や記憶の効果に関する研究を紹介する。特に、時間知覚における周期的な神経活動の役割を、行動実験、脳波測定、経頭蓋電気刺激を用いて検証した研究を取り上げ、時間知覚のメカニズムに関して議論したい。