シンポジウム「アフリカからアートを売り込む」開催のお知らせ 2019年12月7日開催


科研費主催シンポジウム「アフリカからアートを売り込むーー研究と企業の活動から考える現状と展望」開催のお知らせ

(美学芸術学研究室 協力)

 

下記の通りシンポジウムを開催いたします。

学外からの参加者も歓迎いたします。

どうぞお気軽にご参加ください。

 

シンポジウムの概要や登壇者情報についてはフライヤーをご覧ください

フライヤー表面

フライヤー裏面

 

日時:2019年12月7日(土曜日) 13:30~17:30

場所:東京大学本郷キャンパス 文学部 一番大教室

https://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_01_02_j.html

入場無料、事前申し込み予約不要

 

主催:科学研究費補助金(若手研究19K12977)

協力:東京大学大学院人文社会系研究科美学芸術学研究室

紹介先担当者:柳沢史明(fumiaki.yanagisawa[at]gmail.com)

 

 

プログラム

 

13:30-13:40

趣旨説明 

 

第一部:歴史と受容の現場から

 

13:45-14:10 小川弘(株式会社 東京かんかん)

アフリカの仮面や民具の収集と日本のマーケット

 

14:10-14:35 川口幸也(立教大学)

闇の奥のアート――アフリカの同時代をかたる

 

14:35-15:00 柳沢史明(東京大学)

植民地状況下のアート――ダオメ王国文化とツーリストアート

 

15:00-15:25 討議及び質疑応答

 

15:25-15:40 コーヒーブレイク

 

 

第二部:制作と参与の現場から

 

15:40-16:05 緒方しらべ(国立民族学博物館)

アートの価値をどう判断するのか――ナイジェリア地方都市の事例から

 

16:05-16:30 安斉晃史(株式会社 バラカ)

アフリカ製品プロジェクト――ティンガティンガアートを通して

 

16:30-16:55 板久梓織(首都大学東京)

制作に従事して得られる賃金――ケニア・グシイのソープストーン彫刻の制作現場から

 

16:55-17:20 討議及び質疑応答

 

17:20-17:30 閉会の挨拶