C. クライネ教授特別講演:「複数の近代性 multiple secularities」国際共同研究プロジェクトの概要と成果

 2019年10月14日開催


ドイツ宗教学会の副会長である、ライプチヒ大学のクリストフ・クライネ(Christoph Kleine)先生が、

ご自身がリーダーを務められる「複数の世俗性multiple secularities」国際共同研究プロジェクト

(https://www.multiple-secularities.de/)の概要と成果についてお話くださいます。

 

講演者
クリストフ・クライネ氏
(ライプチヒ大学・宗教史/宗教学教授、ドイツ宗教学会副会長)
Prof. Dr. Christoph Kleine, Universitätsprofessor für Religionsgeschichte mit dem Schwerpunkt Buddhismus,

Fakultät Geschichte, Kunst- und Orient-wissenschaften, Universität Leipzig


講演タイトル
“Multiple Secularities – Beyond the West, Beyond Modernities: A New Approach to the History of Religion”

 

日時

10月14日(月・祝)13:00~講演、14:00~14:30質疑応答 (講演は英語、質疑応答は日英使用)

東京大学文学部三番大教室

 

事前申込不要


問い合わせ先 東京大学文学部宗教学宗教史学研究室  shukyo[at]l.u-tokyo.ac.jp

 

----------------------------------------------------------------------

 

※同日、同場所にて、F・W・グラーフ先生の特別講演会「トレルチのSoziallehrenの現代的意義」(15:00~17:30)

も開催されます。大変に豪華な取り合わせですので、ぜひ13時から17時30分までご堪能ください。