F・W・グラーフ教授特別講演会

「トレルチのSoziallehrenの現代的意義」 2019年10月14日開催


10月14日(月・祝)に、東京大学文学部三番大教室にて、トレルチ研究・神学史研究で知られる

ミュンヘン大学のF.W.グラーフ先生が講演されます。

詳細については以下のチラシをご覧ください。

 

※また同日、この講演の前の13:00~14:30、同じ会場で、日本宗教史を専門とし、ドイツ宗教学会の副会長である、

ライプチヒ大学のクリストフ・クライネ(Christoph Kleine)先生が、ご自身がリーダーを務められる

「複数の世俗性multiple secularities」国際共同研究プロジェクト(https://www.multiple-secularities.de/)

の概要と成果についてお話くださいます。

どちらも講演の使用言語は英語ですが、原稿が配布されます。質問は日本語で可能です。

大変に豪華な取り合わせですので、ぜひ13時から17時30分までご堪能ください。