ノラ・イクステナ氏『ソビエト・ミルク』邦訳刊行記念講演 2019年10月4日開催


現代ラトビアを代表する作家ノラ・イクステナ氏『ソビエト・ミルク』邦訳刊行記念講演
A lecture by Nora Ikstena  Author of the Latvian bestseller Soviet Milk

 ラトビア語で書く Radīt latviešu valodā

 

ソ連体制から〈バルトの道〉を経て、独立へ向かう道のりをたどった、知られざる国ラトビア。そこでベストセラーとなった小説『ソビエト・ミルク ラトヴィア母娘の記憶』(新評論)の邦訳刊行に合わせ、来日する著者ノラ・イクステナ氏の講演会を開催いたします。

日時 2019年10月4日(金) 午後5時〜6時30分

場所 東京大学法文1号館1階113番教室(本郷キャンパス)

 

 講師 ノラ・イクステナ(作家)

 ゲスト イルガ・シュプリンスカ(ラトビア共和国教育・科学大臣)、ダツェ・トレイヤ・マスィー(駐日ラトビア共和国大使)

 通訳 黒沢 歩(ラトビア語翻訳者)

 司会 沼野充義(東京大学教授)

 

共催 東京大学大学院人文社会系研究科・文学部現代文芸論研究室、駐日ラトビア共和国大使館

 

詳細 現代文芸論研究室HP