第16回 新・社会心理学コロキウム 2019年10月8日開催


東京大学社会心理学研究室では、「新・社会心理学コロキウム」を開催しています。
一人の話者にQ&Aを含めて1時間半お話しいただき、参加者との活発な議論を楽しむ集まりです。
事前の登録などは一切不要で、自由にご参加いただけます。どうぞ奮ってご参加ください。

第16回は、フランスCNRSの研究者、Dr. Mercierにお話しいただきます(英語)。

 


日時: 10月8日(火) 16:00 ~ 17:30

場所: 東京大学本郷キャンパス 法文2号館 教員談話室 (http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_01_02_j.html

 

講師: Dr. Hugo Mercier (Institut Jean Nicod, Paris, CNRS [フランス国立科学研究センター] )

演題: Why do humans reason?

概要: The interactionist theory of reasoning suggests that the main function of human reasoning is to exchange reasons in social contexts: to justify our actions, argue for our point of view, and evaluate the reasons offered by others. In support of this view, I review evidence showing that (1) human reasoning is biased in the expected manner (i.e. myside bias), (2) argumentative competence is universal and early developing, (3) there is an asymmetry in the way people evaluate their own and other people's arguments, and (4) the improvement of performance in group discussion stems from sound argumentative competence.

 

言語: 英語

 


◆当研究室HPのイベントページ: http://www.utokyo-socpsy.com/events.html 

 

◆問い合わせ先
東京大学大学院人文社会系研究科 社会心理学研究室
E-mail: sphisho [at] L.u-tokyo.ac.jp