第43回心理学研究室セミナー(前原吾朗先生) 2019年4月22日開催


文学部心理学研究室では、第43回心理学研究室セミナーとして以下のような講演会を開催しますので、ふるってご参加下さい。なお、講演内容は大学院生以上を想定しております。


第43回心理学研究室セミナー

日時:2019年4月22日(月) 午後5時から

場所:法文1号館2階 212教室

【講師】 前原吾朗先生 (神奈川大学)


【演題】 「輝度コントラスト知覚における両眼加重」

【要旨】

両眼加重とは、単眼に刺激を呈示した場合と比較して、両眼に刺激を呈示したときに感覚量が大きくなる現象を指す。例えば、輝度コントラスト検出においては、単眼呈示よりも両眼呈示の方が感度は約1.4倍高くなることが知られている。一方で、閾上の輝度コントラスト弁別では単眼呈示と両眼呈示の間に閾値の差はほとんどない。本セミナーでは、両眼加重に関する心理物理学実験と輝度コントラスト処理モデルに関して、講演者がこれまでに行った研究を中心に紹介し、こうした知見の応用可能性について論じる。また、講演者がサバティカル期間中に東京大学で実施する予定の両眼加重実験についても議論したい。