野崎歓と世界文学の仲間たち 2019年3月24日開催


野崎歓教授東大退職記念イベント(番外編)

 

野崎歓と世界文学の仲間たち

——翻訳、映画、愛、魚について私たちが考えてきたこと——

 

日時:2019年3月24日(日) 午後3時〜6時(開場 2時30分)

場所:東京大学法文2号館2階1番大教室(本郷キャンパス)

 


 

様々な分野で優雅かつ精力的に活躍してきた野崎歓教授が、この3月をもって東京大学を退職し、新たな道を歩み出すことになりました。この機会にジャンルと国を超えた野崎さんのお仕事に相応しい多彩な仲間たちが集まって、楽しくおしゃべりをしながらお見送りしようと考えました。野崎さんの仕事を愛する人々、そして文学や映画や翻訳や魚釣りに関心をお持ちのみなさまのご来聴を勧化します。

*事前予約不要。ただし、満席の場合は立ち見をお願いする場合もあります。どうぞご了承下さい。

 

 

講演 野崎歓「世界文学は誰のもの?——よみがえれ、少年少女たち(そして魚たちよ)」

 

仲間たち

翻訳について 阿部賢一(チェコ)、柴田元幸(英米)、松永美穂(ドイツ)

映画について 藤井省三(中国語圏)*、野谷文昭(スペイン語圏)

 *藤井省三氏は南京よりメッセージ参加(代読 徐子怡)

愛について 阿部公彦(英米/日本)、亀山郁夫(ロシア)、熊野純彦(思想史)

魚について 大宮勘一郎(ドイツ)、沼野恭子(ロシア)、柳原孝敦(ラテンアメリカ)

 

詳細 現代文芸論研究室HP URL: http://www.l.u-tokyo.ac.jp/genbun/