韓国から日本を眺める ー東アジア的視点からみた韓国と日本― 2018年3月28日開催


講師:河 宇鳳氏(韓国・全北大学校名誉教授)

日時:2018年3月28日(水)、29日(木)、30日(金) いずれも14:00~16:00

場所:文学部法文1号館 2階 215番教室

Outline:15~19世紀の朝鮮半島にとって日本とはどのような存在だったのか?

韓日関係史、韓日交流史、海洋史学の成果をもとに、3つのテーマから接近を試み、

重層的な韓国と日本の関係を東アジア的視点で捉え直す。

Session1:通信使行の東アジア文化史的意義

Session2:朝鮮と琉球の文物交流

Session3:シーボルト、朝鮮漂流民、長崎

28日はSession1、29日はSession2、30日はSession3の講義が行われます。

問い合わせ:韓国朝鮮文化研究室(℡03-5841-3636、E-mail korea[at]l.u-tokyo.ac.jp)  [at]は@に入れ替えてお送りください。

※講義は日本語で行われます。