一番下へ

Home > 図書室NEWS > 2022年度 > 【東京大学在籍者限定】2022年6月6日からのサービスについて

2022年6月2日掲載【東京大学在籍者限定】2022年6月6日からのサービスについて

2022年6月6日(月)より、文学部3号館図書室の閲覧席が予約不要となります。東京大学にご所属の方は、どなたでもご利用可能です。

詳細は下記をご参照ください。

 

 

【サービス対象者】

東京大学に在籍中の方

 

来室に際しての注意:

ご来室の際は必ずマスクを着用してください。フェイスガード、マスクガードのみの方も入館できません。

以下の場合には入室をご遠慮ください。

・ 体調が優れない場合

・ 37.5℃以上の発熱が確認された場合(入室時に非接触型検温を実施)

・ 新型コロナウィルス感染症陽性とされた者との濃厚接触がある場合

・ 海外から入国・帰国後の自宅等待機期間中の場合

 

 

1.利用登録について(人社系研究科・文学部所属者のみ)

2.文学部3号館図書室の利用について

3.文学部2号館図書室の利用について

4.「論文執筆のための特別貸出」の利用申請について

5.資料の返却について

6.MyOPAC文献取寄サービス申請について(人社系研究科・文学部所属者のみ)

7.国立国会図書館デジタル化資料送信サービスの利用について(人社系研究科・文学部所属者のみ)

 

 

1.利用登録について(人社系研究科・文学部所属者のみ)

 

対応時間内(平日9:00-16:30)に文学部3号館図書室カウンターまでお越しください。

事前に「東京大学附属図書館利用証交付申請書」(PDF形式)をご用意いただくと手続きがスムーズになります。

※学部生、大学院生の方は、 UTASで連絡先(電話・メールアドレス・住所)を登録してください。図書室での利用登録は不要です。

 

職員証・学生証をお持ちでない方には、「東京大学附属図書館利用証」を発行します。

労働条件委嘱状などの証明書をご用意の上、3号館図書室までお越しください。

文学部事務室での証明書等発行にはお時間がかかりますのでご留意ください。

 

2.文学部3号館図書室の利用について

 

6月6日(月)より、閲覧席の予約が不要になります。

 

・ 開室時間: 平日9:00~21:00、土曜10:00~18:00(短縮開室期間:平日9:00~17:00)

・ 利用可能な方: 東京大学に在籍中の方

 

【注意事項】

・ 座席の一部を減らしています。譲り合ってご利用ください。荷物を置いたまま、長時間離席することのないようにお願いいたします。

・ 図書室内での会話はお控えください。

・ 「館内閲覧」と指定された取寄せ資料の利用をご希望の場合は、カウンターのスタッフにお申し出ください。

 

 

3.文学部2号館図書室の利用について

 

6月6日より、座席の利用時間制限を廃止します。

 

開室時間:平日9:00~17:30(短縮開室期間:平日9:00~17:00)

利用可能な方:東京大学に在籍中の方

 

【注意事項】

・ 入室時に身分証・利用証をご提示ください。また、入退室管理のため、記録簿への記帳にご協力をお願いします。

・ 座席の一部を減らしています。譲り合ってご利用ください。荷物を置いたまま、長時間離席することのないようにお願いいたします。

・ 図書室内での会話はお控えください。

・ 博士論文やマイクロ資料の利用をご希望の方は、カウンターのスタッフにお申し出ください。

 

 

4.「論文執筆のための特別貸出」の利用申請について

 

申請書は文学部3号館図書室カウンターにあります。(受付時間:9:00~16:30)

メールでも申請を受付けています。下記に従って申請してください。

 

【在籍者の方】

本研究科の学部生・院生(修士・博士)の最終学年の方が対象です。

3号館図書室にある所属研究室の図書を20冊、年度末まで借りることができます。

 

・ 図書室ホームページから、申請書(別紙様式2)をダウンロードしてください。

・ 必要事項を記入の上、文学部図書室サービス担当宛にメール添付、または郵送で提出してください。

 (様式一番下の「所管研究室教員名」と「研究室名」は、ご自身で記入しないでください)

・ 申請書受領後、図書室から指導教員にメールを送付して、承認の可否を照会します。指導教員から承認され次第、論文特別貸出利用可能の旨メールでご連絡します。

 

【修了・退学者の方】

本研究科博士後期課程に標準修業年限以上在学し、かつ教育課程を修了し退学した後、博士学位申請論文(甲)を提出しようとする方を対象とした貸出です。

3号館図書室にある図書を10冊、1ヶ月間借りることができます。

利用期間は、申請日から年度末までです。(最長更新は満期退学後3年以内まで)

 

・ 図書室ホームページから、申請書(別紙様式3)をダウンロードしてください。

・ 必要事項を記入の上、文学部図書室サービス担当宛にメール添付、または郵送で提出してください。

 (様式一番下の「紹介研究室教員名」と「研究室名」は、ご自身で記入しないでください)

・ 申請書受領後、図書室から指導教員にメールを送付して、承認の可否を照会します。指導教員から承認され次第、論文特別貸出利用可能の旨メールでご連絡します。

※   「東京大学附属図書館利用証」をお持ちでない方は、別途利用申請が必要です。

 

提出先:東京大学 文学部図書室 サービス担当宛

 

  〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

    E-mail:service@l.u-tokyo.ac.jp(@は半角に置き換えてください)

  メールの件名: 論文特別貸出利用申請

 

3号館図書室での貸出手続きの際に、「論文特別貸出」を利用の旨お申し出ください。お申し出がない場合は通常の貸出(1ヶ月)処理となります。

 

 

5.資料の返却について

 

来室しての資料の返却が難しい場合は、郵送での返却も受け付けています。

※   返却BOX(法文2号館1階、アーケード側のエレベーター前)もご利用ください。

※   学内他図書館室からの取寄図書、学外から取寄せた図書は、3号館図書室カウンターに返却してください。

 

---------

送付先:

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学大学院人文社会系研究科・文学部図書室 サービス担当宛

Tel:03-5841-3718

※ 封筒に「返却図書在中」と朱書きしてください。

---------

※   レターパック、ゆうパック、宅配便等の追跡可能な方法でお送りください。

※ 郵送中の汚損破損等を防ぐため、図書をビニール袋や緩衝材等でしっかり梱包してください。

 

 

6.MyOPAC文献取寄サービス申請について(人社系研究科・文学部所属者のみ)

 

申請書は文学部3号館図書室カウンターにあります。(受付時間:9:00~16:30)

メールでも申請を受付けています。

東京大学附属図書館MyOPAC文献取寄サービス利用申請書」に記入の上、サービス担当までメール添付でお送りください。登録完了後、メールで返信いたします。

 

    宛先: service@l.u-tokyo.ac.jp(@は半角に置き換えてください)

    件名: MyOPAC文献取寄サービス利用申請

 

 

7.国立国会図書館デジタル化資料送信サービスの利用について(人社系研究科・文学部所属者のみ)

 

6月6日より、事前予約が不要になります。利用ご希望の方は、文学部3号館カウンターにお申し出ください。

 

【注意事項】

・ 利用時間:平日9:00~16:30

・ 文学部3号館図書室内の専用端末をご利用いただきます。

・ 1回1時間までご利用可能です。

 

※ 2022年5月19日より、「国会図書館デジタルコレクション」の図書館送信限定資料が、ご自身の端末から閲覧できるようになりました。利用には、国立国会図書館の利用者登録(本登録)が必要です。

利用条件、利用方法など、詳細は下記の国立国会図書館のサイトをご確認ください。

 

国立国会図書館個人向けデジタル化資料送信サービス

東京大学文学部・大学院人文社会系研究科 文学部図書室

一番上へ