第22回文化資源学フォーラム「伝統芸能を未来に継承するには -国立劇場おきなわの事例を通して-」 2023年3月11日開催


第22回文化資源学フォーラム「伝統芸能を未来に継承するには -国立劇場おきなわの事例を通して-」

 

2023年3月11日(土)15:00〜17:30(開場 14:30)

開催形式:対面とzoomミーティングを使用したオンラインのハイブリッド開催

会場(対面):東京大学本郷キャンパス 法文2号館東 中2階 教員談話室

定員:対面参加(30人程度)・オンライン参加(100人程度)

 

※要事前申込→https://forms.gle/37K96dNLwRN1hNmc8

※3月3日(金)締切り
※申込フォームの確認・同意事項をご確認のうえ、お申込みください
※zoomミーティングのURLは開催前までに別途メールでお知らせいたします
※社会状況の変化により、中止・延期・開催形式の変更等が生じる場合があります

 

チラシのダウンロードはこちらから 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

パネリスト(五十音順、敬称略):
喜屋武 愛香(琉球舞踊真境名本流英美の会師範)
鈴木 耕太(沖縄県立芸術大学芸術文化研究所准教授)
林 立騎(那覇文化芸術劇場なはーと企画制作グループ長)

 

コーディネーター:
小林 真理(東京大学大学院人文社会系研究科教授)

後援:公益財団法人国立劇場おきなわ運営財団、日本文化政策学会、文化資源学会
企画運営:「文化資源学フォーラムの企画と実践」履修生

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【開催概要】
 2022 年に本土復帰50 周年を迎えた沖縄は、琉球王国時代からの豊かな芸能の基盤を有している。沖縄の豊かな伝統芸能は、次の50 年に向かってどのように保存・継承され、発展していくのか。
 2004 年に開場した国立劇場おきなわは、文化財保護や劇場運営といった文化政策のインターセクションである。
 そこで、本フォーラムでは、文化に関する政策・制度や沖縄における現場の実態を踏まえつつ、沖縄伝統芸能の保存・継承や劇場運営のあり方に精通する関係者を招き、国立劇場おきなわを題材に、対話を通して無形文化財の保護の未来を検討する。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【プログラム】

(14:30開場)

15:00  開会挨拶、開催趣旨説明

15:10  学生発表① 沖縄伝統芸能の保存・継承と国立劇場おきなわのこれまでと現在

15:30  学生発表② 伝統芸能のアートマネジメント -横浜能楽堂を事例として-

15:40  休憩

15:50  パネルディスカッション 伝統芸能を未来に継承するには -国立劇場おきなわの事例を通して-

17:10  質疑応答

17:25  閉会挨拶

(17:30閉会)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

【パネリストプロフィール】

喜屋武愛香(きゃん あゆか)

 沖縄県沖縄市出身。沖縄県立芸術大学を卒業。琉球舞踊真境名本流英美の会師範。

 現在、後進の育成をしつつ、国立劇場おきなわ企画公演等、県内外の公演に多数出演。琉球舞踊を基に組踊や創作舞踊等、多岐に渡り活躍している。

 2022年、第三回喜屋武愛香独演会「愛風」を開催。同年、国立劇場おきなわ企画研究公演「入子躍」振付・指導。2021年、国立劇場おきなわ「第9回創作舞踊大賞」大賞受賞(作品名:若衆鯉)。2020年、沖縄タイムス芸術選奨演劇・映像部門奨励賞受賞。

 主な創作作品に新作組踊「越来真鶴姫」、新作琉球舞踊組曲「船乗りのジルー」、創作舞踊「若衆鯉」「綾結び」などがある。

 琉球舞踊を真境名本流英美の会・会主真境名英美に、組踊を重要無形文化財「組踊」保持者・真境名律弘に師事。

 

鈴木耕太(すずき こうた)

 沖縄県読谷村出身。沖縄国際大学文学部国文学科を卒業後、琉球大学大学院、沖縄県立芸術大学博士後期課程を修了。博士(芸術学)。琉球文学を基礎とした組踊の研究を行う傍ら、琉球芸能史、および沖縄各地の芸能研究を行う。

 また、研究だけでなく新作組踊の創作活動も行う。組踊研究について第43回沖縄文化協会「仲原善忠賞」を授賞。新作組踊は第1回国立劇場おきなわ新作組踊戯曲大賞で佳作、第17回おきなわ文学賞(しまくとぅば演劇戯曲部門)において佳作、第2回国立劇場おきなわ新作組踊戯曲大賞で大賞を受賞している。近著に『組踊の歴史と研究』、琉球文学大系14『組踊(上)』がある

 

林 立騎(はやし たつき)

 翻訳者、演劇研究者、劇場職員。現在、那覇文化芸術劇場なはーと企画制作グループ長。

 訳書にエルフリーデ・イェリネク『光のない。[三部作]』、ハンス=ティース・レーマン『ポストドラマ演劇はいかに政治的か?』(ともに白水社)。2012年、イェリネク作品の翻訳を対象に小田島雄志翻訳戯曲賞を受賞。2005年より高山明の演劇ユニットPortBに、2014年より相馬千秋のNPO法人芸術公社に参加。

 東京藝術大学特任講師(2014-17年)、沖縄県文化振興会チーフプログラムオフィサー(2017-19年)、キュンストラーハウス・ムーゾントゥルムドラマトゥルク(2019-21年)を経て、22年より現職。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【お問い合わせ】

第22回文化資源学フォーラム事務局

東京大学大学院人文社会系研究科文化資源学研究室内

Email:22nd.bunkashigenforum[at]gmail.com    [at]は@に変えてお送りください