第14回ホームカミングデイ文学部企画「文学部がひらく新しい知」 2015年10月17日開催


 

 

東京大学文学部では、ホームカミングデイに「文学部がひらく新しい知」と題し
教員による基調報告及びディスカッションを開催いたします。
卒業生をはじめ、一般の方もぜひご参加ください。
 

第14回 東京大学ホームカミングデイ文学部企画
「文学部がひらく新しい知」

1.基調報告
「時空の近代、人文知の時空――あるいは国家と資本と文化について」
熊野 純彦 文学部長

2.ディスカッション
司 会:野崎 歓   (文学部教授・フランス文学)
参加者:熊野 純彦  (文学部教授・倫理学)
    橋場 弦   (文学部教授・西洋史学)
    齋藤 希史  (文学部教授・中国文学)
    唐沢 かおり (文学部教授・社会心理学)

【日 時】 2015年10月17日(土) 14:30~16:30 (開場14:00)
【場 所】 東京大学本郷キャンパス法文2号館1番大教室

入場無料
定員200名(先着順)
卒業生・在学生・教職員のほか一般の方もご参加いただけます

問い合わせ先:shomu[at]l.u-tokyo.ac.jp(文学部総務チーム)(送信の際は [at]を@に変えてください)

東京大学ホームカミングデイのウェブサイトはコチラ