フランス語フランス文学研究室主催(早稲田大学文学部フランス語フランス文学コースとの共催) 連続講演会『文学としての人文知』最終回「文学を問う知/知を問う文学」開催のお知らせ 2021年12月18日開催


連続講演会『文学としての人文知』 最終回「文学を問う知/知を問う文学」を開催いたします。

 

『文学としての人文知』は、二十世紀、文学と人文知とのあいだにどのような関係の網の目がはりめぐらされていたのかを探る試みです。

 

最終回は、12月18日(土)13:00-17:30、オンライン(参加無料)で開催します。

 

・郷原佳以(東京大学)「非人称的な特異性のために ブランショを中心に」

・塩塚秀一郎(東京大学)「調査の文学と集合住宅という装置 現代文学の結節点をめぐって」

・進行:塚本昌則(東京大学)、鈴木雅雄(早稲田大学)

 

【申込方法】(要登録) こちらのリンク先のフォームに必要事項を入力いただき、送信してください。

 

詳細はこちらのポスターをご覧ください。

 

皆様ふるってご参加ください。