第51回心理学研究室セミナー(栗木一郎先生) 2021年5月31日開催


文学部心理学研究室では、第51回心理学研究室セミナーとして以下のような講演会を開催しますので、ふるってご参加下さい。なお、講演内容は大学院生以上を想定しております。


第51回心理学研究室セミナー

日時:2021年5月31日(月) 午後5時から

場所:オンライン開催 ※下記、問い合わせ先を参照。


【講師】 栗木一郎先生 (埼玉大学)

【演題】 「脳内の色情報表現」

【要旨】

色は目を開けば自然に知覚できるように感じられるが,そのメカニズムは未解明の部分が多い.「色の見え(color appearance)」が脳の働きによって得られることは知られているが,多くの視覚の教科書では,錐体と網膜神経節細胞による錐体反対色応答より先の色情報表現についてはほとんど記述されていない.Heringの反対色理論において基準色とされる有彩色のユニーク色は,いずれの反対色応答とも一致しないばかりか,多くの個人差があることが知られている.脳活動の色相選択性データにも多くの個人差が存在する.「色の見え」と脳活動の間に何らかの関連性を見出すことができれば,色の見えにかかわる脳内情報表現の成立過程を知るための新たな手がかりが得られるはずである.もし3色覚者の脳内メカニズムが共通であり,各要素の寄与率の個人差が脳活動に反映されているとすれば,脳活動の個人差から共通要素に関する手がかりが得られると予想される.本セミナーではこのアプローチによる研究のほか,いくつかの関連研究を紹介する.



参加ご希望の方は、所属・氏名を明記のうえ、心理学研究室にメールでお問い合わせください。

(問い合わせ先)心理学研究室 shinri -at- L.u-tokyo.ac.jp  (-at-を@に変更)