行事予定

臨床死生学・倫理学研究会 (死生学特殊講義 「臨床死生学・倫理学の諸問題」)

概要

開催日
水曜 (不定期)
時間
午後6時50分~8時30分
定員
約1000名(先着順)
実施方法
Zoom ウェビナーを利用したリアルタイムのオンライン研究会
*オンライン研究会への参加には、インターネット接続環境(WiFiもしくは有線LAN)が必須になりますので、予めご了承ください。
*参加登録いただいたメールアドレス宛に、後日オンライン研究会に使用するZoom URLおよびZoomマニュアルをお送りします。(開催のためのURLは各回で異なります。)
*登録開始日はメールマガジン上でお知らせします。メールマガジンの配信をご希望の方は こちらからどうぞ。

参加について

臨床死生学および臨床倫理学の諸課題に関して、医療と介護の現場の実践家や、医学・看護学・保健学・哲学・倫理学・社会学・教育学などのさまざまな分野で取り組んでいる研究者らからご講演いただき、質疑応答で理解を深めて参りたいと思っています。
どうぞお気軽にご参加ください。

2024年10月9日(水) Medical HumanitiesからHealth Humanitiesへ―歴史的背景と現代的展開を中心にして 足立 智孝 先生
(亀田医療大学看護学部看護学科 教授)

参加方法(10月9日分):

募集開始はメールマガジンにてお知らせいたしますので、メールマガジンにご登録の上、お待ちください。メルマガ登録はこちら

後期の開催日程

10月9日(水)
Medical HumanitiesからHealth Humanitiesへ―歴史的背景と現代的展開を中心にして   
足立 智孝 先生
(亀田医療大学看護学部看護学科 教授)
10月23日(水)
「医療安全と医療倫理~院内周知と教育~」(仮)   
南須原 康行 先生
(北海道大学病院 医療安全管理部 教授・部長、副病院長)
11月6日(水)
医学教育モデル・コア・カリキュラムにおける人文社会科学   
錦織 宏 先生
(名古屋大学大学院医学系研究科 総合医学教育センター)
12月4日(水)
チームで取り組む、末期腎不全をもつ高齢者へのアプローチ   
木下 千春 先生
(京都民医連中央病院 副院長、腎臓内科科長)
12月18日(水)
認知症の人の最期のときを支える口腔と食 Comfort Feeding Onlyまで (仮)   
枝広 あや子 先生
(東京都健康長寿医療センター研究所 専門副部長)

≪医療・介護従事者のための死生学≫基礎コース

参加
認定
受講生の方は、2回参加で1コマ分の「死生学トピック」ないし「臨床死生学トピック」として認めています。

オンライン開催のため、単位シールをご要望の方はご自身の住所・氏名を書いた封筒(84円切手を貼付してください)を上廣講座にご郵送ください。取得された単位を申告していただきますと、その分の単位シールをご返送いたします。

郵送先:
113-0033
東京都文京区本郷7-3-1法文2号館3階25号室
東京大学大学院 人文社会系研究科
上廣死生学・応用倫理講座
特任研究員 野瀬彰子 宛

大変恐れ入りますが、ご協力いただければ幸いです。

これまでの活動は こちら