概要

意思決定支援ツールの開発と死生に関する思想的・倫理的研究

長命は人類が希求してきたところであり、医学・医療が目指してきた生存期間の延長は寿命革命につながりました。一方、さまざまな加齢変性を抱えながら最期へ向かう過程において、医療のためにかえって本人の苦痛が増す場面もみられるようになりました。多くの人にとって人生は長くなりましたが、老衰の進んだ超高齢者に負担となる医療行為が行われることも多くなりました。私たちはこのジレンマにどのように対応すべきでしょうか。

当講座ではこのテーマに関わる意思決定支援のため、さまざまな取り組みを行ってきました。その主だった成果として、まず、日本老年医学会「高齢者ケアの意思決定プロセスに関するガイドライン ― 人工的水分・栄養補給の導入を中心として」(2012) への参画が挙げられます。

次いで、この課題を本人と家族の視点から捉え、本人と家族が医療・ケア従事者の助言を得ながら最善の選択に至ることを支援するため、『高齢者ケアと人工栄養を考える ― 本人・家族のための意思決定プロセスノート』を 2013 年に出版しました。その成果を踏まえ、慢性腎臓病の専門医療者との協働で、『高齢者ケアと人工透析を考える ― 本人・家族のための意思決定プロセスノート』を 2015 年に出版しました。いずれのノートも、本人・家族らと医療・ケア従事者が本人の最善のために一緒に考え共同意思決定(shared decision-making:SDM) に至ることを支援するためのツールです。

また、科学技術振興機構社会技術研究開発センター (RISTEX) のプロジェクトとして、高齢者が最期まで自分らしく生きることを支援するための『心積もりノート』を 2015 年に開発し、frailty 研究の知見を取り入れ 2018年に改訂版を発行しました。

さらに、日本老年医学会が発表した「ACP 推進に関する提言」(2019)、「新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) 流行期において高齢者が最善の医療およびケアを受けるための日本老年医学会からの提言 ― ACP 実施のタイミングを考える」(2020) においても、当講座の研究成果が活かされています。

また、AMED 研究課題 2 件 ( 柏原直樹班、三浦久幸班 ) においても意思決定支援ツールの制作に携わらせて頂きました。

さらに本講座では、現場の臨床実践を下支えし豊かに捉え直すような多角的な思想的・倫理的研究を行い、その成果を広く社会に還元しています。その一つの成果が本講座の協力教員も執筆に加わった『医療・介護のための死生学入門』( 東京大学出版会、2017 ) です。

2017 年度から本講座に加わった早川は、人間存在の傷つきやすさや依存性に着目する「ケアの倫理」の観点から、臨床倫理における人間理解や意思決定支援の理解を理論的・思想的に奥行きのあるものにすることを試みています。また特任助教の田村は死やケアについて透徹した思索を展開したハイデガーの研究をもとにして、人間の死生をめぐる哲学的・倫理的問題を根本的に考察し、特任研究員の坂井は臨床現場における本人側と医療・ケア従事者間のコミュニケーションについて社会学の方法論を用いて実証研究を行い、知見を発信しています。