Home活動報告>ジュリアン・サヴァレスキュ教授講演会"The Moral Imperative to Gene Edit"

ジュリアン・サヴァレスキュ教授講演会
"The Moral Imperative to Gene Edit"

概要

日時 : 2020 年 1月 21日(火) 14:00 - 16:00
会場 : 本郷キャンパス 山上会館 大会議室(2階)
主催:
日本学術会議哲学委員会24期「いのちと心を考える分科会」  科研費 基盤(B)「ゲノム編集をめぐる倫理規範の構築を目指して ―科学技術イノベーションと人間の尊厳」
共催:
東京大学大学院人文社会系研究科 死生学・応用倫理センター 上廣講座


※講演・配布資料・質疑応答はすべて英語のみで通訳はつきません。


講師

ジュリアン・サヴァレスキュ教授
Professor Julian Savulescu

オックスフォード大学 上廣応用倫理センター
Oxford University, The Oxford Uehiro Centre for Practical Ethics

Julian Savulescu教授は、オックスフォード大学 上廣応用倫理センター長で、現代の生命倫理分野を牽引する世界的に著名な研究者です。

講演では、遺伝子編集に関する倫理的な問題や倫理的な規範が考察されます。 どなたでも参加になれます(事前登録不要)。

ページトップへ

上廣死生学・応用倫理講座

(C) 2007-2019 上廣死生学・応用倫理講座