Home概要講座紹介


   

  上廣死生学・応用倫理講座は公益財団法人上廣倫理財団を出捐団体とする寄付講座です。2007年度に上廣死生学講座として開設され、2012年度以降は死生学に加え応用倫理も担当範囲として、特に臨床倫理の研究と実践活動を進めてきました。そして2017年度にはこれまでの成果を踏まえ、第3期5ヵ年の新たな歩みを始めました。

 死生学は単に「死について」の学ではなく、死を生に伴い、また生が伴うものとして、「死生」を一体として考え、人間が死生をどう理解し対処してきたかについて、人文知を背景に広く考えようとします。その意味で、東京大学の死生学研究は2002年以来、死生学を“thanatology(死の学問)”というよりも”death and life studies” として捉え、人文社会系を中心とする学際的な研究プロジェクトを進めてきました。

 死生学の一領域である臨床死生学は、臨床現場で実践の知としてはたらく学問です。医療機関、介護施設や在宅医療の場などで、患者(利用者)本人と家族および医療とケアに携わる人々のニーズに応え、死生学が得た知見を医療とケアに活かすことができるようなかたちにして提供しようとします。

 このような学際的研究を背景にしつつ、上廣死生学・応用倫理講座は臨床死生学と臨床倫理にまたがる活動に特に注力しています。その実践的研究の成果は医療現場に浸透しつつあり、高齢者ケアの領域等で社会に具体的に貢献する実績をあげてきました。

 当講座は東京大学大学院人文社会系研究科内におかれた「死生学・応用倫理センター」の中核として研究・教育活動を行っており、当講座の活動に死生学・応用倫理センターの中心メンバー(センター長池澤優教授、榊原哲也教授、堀江宗正准教授)の協力を得て、講座のバランスある活動の展開を目指しています。

上廣死生学・応用倫理講座 特任教授  会田薫子




 

上廣死生学・応用倫理講座

Copyright (C) 2007-2017,上廣死生学・応用倫理講座 All Rights Reserved.