• 1
  • 2
  • 3
  • 4
書評ソシオロゴス No.11 2015
Dissecting the Social

"Dissecting the Social: On the Principles of Analytical Sociology" Peter Hedström 2005 Cambridge University Press

社会科学におけるメカニズム的説明の可能性 ――因果生成プロセス解明に挑む分析社会学―― 打越 文弥 前嶋 直樹

社会科学では実験室をベースとする自然科学的な研究とは異なり、研究者の側が原因(変数X)を操作して結果(変数 Y)に与える影響を特定することが難しく、主に調査観察データを用いて因果関係を特定しようとしてきた。続きを読む(pdf)

平成論

『「平成」論』 鈴木洋仁 2014 青弓社

「饒舌の社会学」にいま、なにが可能であるのか? ――書評『「平成」論』―― 片上 平二郎

よく考えてみれば「書評論文」とは不思議な言葉である。論理性や学術性が重んじられる「論文」という言葉と、長めの「評論」とは異なり書物を紹介し所感を述べるといったことを行うための軽い文章であることが多い… 続きを読む(pdf)

ハウジングと福祉国家

『ハウジングと福祉国家――居住空間の社会的構築』 ジム・ケメニー(祐成保志訳) 1992(2014) Routledge(新曜社)

社会学は社会に埋め込まれた住宅をいかに扱うか ――ケメニー『ハウジングと社会理論』を読む―― 佐藤 和宏

本論文では、Kemeny J.,1992, Housing and social theory, London: Routledge.(=祐成保志訳,2014,『ハウジングと福祉国家――居住空間の社会的構築』新曜社.)、以下便宜上「本書」と表記するが、を対象とした書評を行う。 続きを読む(pdf)