布施学術基金事業計画案内

2017年度(平成29年度)

2017年4月13日 布施学術基金運営委員会

布文館整備費

図書購入費

布施学術基金学術講演会(外国人招聘講師による開催)

講師謝金として、講師1人当たり3万円を助成する。(税込:37,697円)

申  請:原則として開催予定の1ヶ月以上前
申請書類:「布施学術講演会申込書」(所定の用紙使用)
*終了後、「布施学術講演会報告書」等の必要書類を提出すること。

布施学術基金公開講演会

青柳正規東京大学名誉教授による講演 5月25日(木)17時00分~18時30分 (本基金の必須事業として実施)

布施学術基金学術研究費

海外派遣費

1件につき10万円以内とする。他の機関・団体等から経費の負担がある場合は、招聘状(写)によりその内訳を確認し、航空運賃及び日当・宿泊料相当額のうち負担が無い項目についてのみ助成する。

航空運賃は最寄りの空港までの低廉な運賃で算定し、日当・宿泊料相当額は東京大学旅費規程に従う。

申請期日:原則として出発日の1ヶ月以上前
申請書類:「海外派遣費申請書・理由書・日程表」(所定の用紙使用)
「航空賃見積書」及び「招聘状の写し」等を添付する。

海外研究者招聘費

1件につき10万円以内とする。航空運賃は最寄りの空港から低廉な運賃で算定する。日本における滞在費相当額のみの申請も可能。

申請期日:原則として入国予定日の1ヶ月以上前
申請書類:「布施学術基金学術研究費(学術交流助成)申請書」(様式1及び2使用)
「航空賃見積書」を添付する。
*終了後「報告書」を提出すること。

学術交流助成費

国内滞在の海外研究者の国内交通費及び滞在費相当額
申請方法は、「海外研究者招聘費」に準ずる。

布施学術基金学術奨励費

若手研究者研究費

若手研究者(大学院博士課程在学生)の研究活動費(学会発表及び調査等にかかわる旅費)を助成

1件につき10万円以内とする。なお、過去に本研究費を受給したことがある者の応募は認めない。

研究活動期間: 平成29年5月15日(月)~平成30年3月31日(土)
申請期間: 平成29年4月14日(金)~平成29年5月8日(月)17時00分(期限厳守)
申請書類: 「布施学術基金学術奨励費(若手研究者研究費)研究計画書」(所定の用紙使用
*研究終了後「研究実績報告書」(所定の用紙使用)を1ヶ月以内に提出

交換留学費(新設)

文学部・人文社会系研究科に所属する学生の「交換留学制度」にかかる渡航費を助成

1件につき10万円以内とする。なお、助成対象となる交換留学制度は本学部・本研究科が担当している協定校に限る(全学交換留学は対象外)。また、他の経費で渡航費を受給する場合は応募を認めない。

交換留学期間: 平成29年6月26日(月)~平成30年3月31日(土)の間に本邦を出発し1年間以内に帰国することを条件とする。
募集期間: 平成29年4月14日(金)~平成29年6月14日(水)17時00分(期限厳守)
提出書類: 「布施学術基金学術奨励費(交換留学旅費)研究計画書」(所定の用紙使用
*研究終了後「研究実績報告書」(所定の用紙使用)を1ヶ月以内に提出

布施学術基金学術叢書刊行費

応募対象者は教授会構成員とし、年度内に刊行が可能であること。上限は、10万円とする。

申請期限:平成29年6月30日(金)
申請書類: 「布施学術基金学術叢書刊行申込書」(所定の用紙使用)

◎上記の申請書類等は、本委員会委員長あて副事務長を通じて提出する。

(申請書類(所定の用紙)は、サイボウズからダウンロードできます。)

ページ先頭へ
© 布施学術基金運営委員会