Home構成

スタッフ

運営委員
  • 池澤優 (宗教学宗教史学)
  • 会田薫子 (上廣死生学・応用倫理学)
  • 秋山聰 (美術史学)
  • 一ノ瀬正樹 (哲学)
  • 大西克也 (中国語中国文学)
  • 小島毅 (中国思想文化学)
  • 榊原哲也 (哲学)
  • 下田正弘 (インド哲学仏教学)
  • 早川正祐 (上廣死生学・応用倫理学)
  • 堀江宗正 (死生学・応用倫理センター)
研究員
  • 大島智靖 (インド学・仏教学)
  • 丁ユリ (韓国学・文化人類学)

沿革

2002 ~ 2006年度 東京大学大学院人文社会系研究科 21世紀COE「死生学の構築」(拠点リーダー 島薗進教授)
2007 ~ 2011年度 同 グローバルCOE「死生学の展開と組織化」(拠点リーダー 島薗進教授、一ノ瀬正樹教授)
2007年 上廣死生学講座発足
2011年 死生学・応用倫理センター発足 (センター長 池澤優教授)
2012年

上廣死生学・応用倫理講座 (上廣死生学講座の改組、拡充)

特任教授 清水哲郎 特任准教授 会田薫子 (総括監督者 榊原哲也教授)

2013年 死生学・応用倫理センターに堀江宗正准教授着任

21世紀COE
「死生学の構築」


「死生学」を構想し、構築する

島薗進(拠点リーダー)

21世紀COEプログラム「生命の文化・価値をめぐる「死生学」の構築」は、現代の知の布置の中でますます重い位置を占めるようになってきている「いのち」や「死」をめぐる諸問題について、ある広がりと深みをもった総合的な学知を構想し構築しようとするものである。・・・続きを読む

グローバルCOE
「死生学の展開と組織化


「死生学の展開と組織化」の課題と目標

一ノ瀬 正樹(拠点リーダー)

2010年4月より、島薗進教授の後を承けて、グローバルCOE「死生学の展開と組織化」の拠点リーダーを務めることになりました。残すところ2年間のプロジェクトですが、これまでの積み重ねを踏まえて、有意義な仕方で終了を迎えたいと思っています。・・・続きを読む