Home部局横断型教育プログラム

部局横断型「死生学・応用倫理教育プログラム」- プログラム概要

概要

 「死生学」は、死すべき存在である人間のあり方を見すえ、そこから生きることの意味を再考し、死を意識せざるを得ない人間を主題とする学問です。また、「応用倫理」は、現代社会のさまざまな場面で起きている諸問題に即して、私たちがどのような姿勢で、どのような対応をすべきかを考える営みです。

科学と技術が我々の生活を飛躍的に便利にするに従い、これまでは考えられもしなかったさまざまな問題が生まれてきました。寿命を延ばすこと、生きることだけが価値があるとして、生物としての人間にとって不可避の死から目をそらしてきたわけですが、それは逆に人間の生の内実を貧弱にしてきたのではないか、という反省があります。果たして人間にとって科学技術とは何なのか、何であるべきなのか、また人間にとって生きることと死ぬことはどのようなものであるべきなのか、このような問いから発したのが、「死生学」であり「応用倫理」であると言えます。

いずれも、その問いが包括的であることから、哲学、倫理学、宗教学、歴史学から、社会学、心理学、教育学、更に医学、看護学、法学、技術系の諸学問領域に至るまで、幅広い分野を包含することになります。

 2011年に発足した人文社会系研究科「死生学・応用倫理センター」は、死生学と応用倫理に関する学際的教育を構築するために、学部横断型の「死生学・応用倫理教育プログラム」を開設し、これらの分野に関する学際的な知識を有する学生の育成を行います。関心を有する学生諸君の積極的な参加を歓迎します。


プログラムの構成

 「死生学・応用倫理教育プログラム」は必修科目(概論)、必修選択科目(演習)、選択科目の3種類の授業からなります。必修科目は「死生学概論」「応用倫理概論」の2講義4単位、必修選択科目は「死生学演習」「応用倫理演習」のうちから2単位、選択科目は6単位、計12単位以上の履修により、修了が認定されます。履修者に対しては、東京大学教育運営委員会より修了証を付与します。


【修了に必要な単位数】
  科目名 必要単位
必修科目 死生学概論(2単位)
応用倫理概論(2単位)
4単位
必修選択科目 死生学演習(2単位)
応用倫理演習(2単位)
2単位
選択科目 各部局で開設する科目 6単位

* 死生学概論、応用倫理概論は重複履修することはできません。
注:「重複履修」とは一度、履修し単位を取得した後、翌年以降に再度、同じ科目を履 修し単位を得るという意味です。

* 必修選択科目を2単位を越えて履修した場合、越えた分は選択科目として算定されます。

対象

 学部生と大学院生。但し、大学院生が履修を希望する場合は、学部生向け科目を登録してください。

プログラムへの参加方法

 必修科目・選択科目ともに、所属する各学部で通常通りの履修手続きを行ってください。所属学部以外の科目については、他学部履修の手続きを行ってください。

 計12単位以上を取得し、修了証の交付を希望する場合は、UT-mateにて修了証発行の申請手続きを行います。申請を行うのは、卒業修了予定の学年の年度末になります。具体的な申請期間は、当プログラムのホームページか、所属する各部局の事務にご確認ください。
 修了証を発行できるのは、卒業・修了年次のみとなります。

 なお、修了を目的とせず、個別の科目を履修することも歓迎いたします。

修了証申請のご案内

部局横断型教育プログラム(平成31年3月修了者)の修了証の申請について
1:部局横断型教育プログラム3月修了者の修了証の申請について<お知らせ>
2:プログラム登録画面
3:Application for Certificate of Completion for the University-wide Education Program for those completing the course in September

修了要件

 ・必修科目4単位と選択科目を併せて12単位以上修得すること。
 ・在学している学部を卒業又は大学院を修了(博士課程満期退学を含む)すること。
 ※プログラムの修了に必要な単位を取得しても、学部卒業・大学院修了(博士課程満期退学を含む)ができなかった場合には修了証は交付されません。

2018年度 (平成30年度) 開講科目

・ 教室などは変更されることがあるので、必ず開講部局でご確認ください。
・ 授業内容を含んだ 「詳細版」 はダウンロードのうえ、ご覧ください。

必修科目

  • 文学部04180031
    准教授 堀江宗正ほか 「死生学概論」(死生学の射程)2単位 S1+S2 木2 法文二号館一番大教室
  • 文学部04176701
    教授 池澤優ほか 「応用倫理概論」(応用倫理入門) 2単位 S1+S2 金3 法文二号館一番大教室

選択必修科目

  • 文学部04180051
    特任准教授 早川 正祐 「死生学演習Ⅰ」(病いの語りをめぐる倫理) 2単位 A1+A2 金4 法文一号館219
  • 文学部04180052
    准教授 堀江 宗正 「死生学演習Ⅱ」(スピリチュアリティ研究) 2単位 S1+S2 金2 法文一号館116
  • 文学部04180053
    教授 池澤 優 「死生学演習Ⅲ」(死生学基礎文献講読) 2単位 A1+A2 金3 法文一号館319
  • 文学部04180081
    教授 小松 美彦 「応用倫理演習Ⅰ」(科学的生命観と人生論的生命観Ⅲ) 2単位 A1+A2 水4法文一号館116
  • 文学部04180082
    教授 池澤 優 「応用倫理演習Ⅱ」(環境倫理文献講読) 2単位 S1+S2 月5 法文一号館219
  • 文学部04180083
    准教授 堀江 宗正 「応用倫理演習Ⅲ」(環境思想研究) 2単位 S1+S2 火2 法文一号館117
  • 文学部04180084
    特任教授 会田 薫子 「応用倫理演習Ⅳ」(生命倫理と臨床倫理の現在) 2単位 A1+A2 火5 法文一号館217

選択科目

  • 文学部04180041
    非常勤講師 澤井 敦 「死生学特殊講義Ⅰ」(死と不安の社会学) 2単位 S1+S2 月2 法文一号館112
  • 文学部04180042
    特任教授・特任准教授 会田 薫子・早川 正祐 「死生学特殊講義Ⅱ」(臨床死生学・倫理学の諸問題) 2単位 S1+S2 水6 法文二号館一番大教室
  • 文学部04180043
    特任教授 会田 薫子 「死生学特殊講義Ⅲ」(臨床老年死生学入門) 2単位 A1+A2 木3 法文二号館一番大教室
  • 文学部04180044
    特任准教授 早川 正祐 「死生学特殊講義Ⅳ」(共感とケアの哲学) 2単位 S1+S2 木3 法文一号館113
  • 文学部04180045
    特任准教授 早川 正祐 「死生学特殊講義Ⅴ」(自律についての関係的なアプローチの展開) 2単位 A1+A2 木4 法文一号館112
  • 文学部04180046
    教授 榊原 哲也 「死生学特殊講義Ⅵ」(死生のケアの現象学) 2単位 S1+S2 金5 法文一号館312
  • 文学部04180047
    非常勤講師 大塚 類 「死生学特殊講義Ⅶ」(事例から読み解く生きづらさ) 2単位 S1+S2 木4 法文二号館二番大教室
  • 文学部04180071
    特任教授 会田 薫子 「応用倫理特殊講義Ⅰ」(質的研究法) 2単位 S1+S2 火5 法文一号館217
  • 文学部04180072
    創域・准教授 福永 真弓 「応用倫理特殊講義Ⅱ」(生と場所の環境倫理) 2単位 A2 集中 教室未定
  • 文学部04180073
    非常勤講師 関 礼子 「応用倫理特殊講義Ⅲ」(〈環境-社会〉への語りと倫理) 2単位 A1+A2木4 法文一号館113
  • 文学部04180074
    非常勤講師 村上 靖彦 「応用倫理特殊講義Ⅳ」(現象学的な質的研究) 2単位 A2 集中 教室未定
  • 医学部02218
    教授・准教授・助教 赤林朗・瀧本禎之・中澤栄輔・山本圭一郎「生命・医療倫理Ⅰ」 2単位 A2 金曜1・2 医学部3号館 S101
  • 医学部02246
    教授・講師 上別府圭子・佐藤伊織「家族と健康」 2単位 A1 月1・2 医学部3号館N101講義室
  • 農学部060500021
    教授 関崎勉「生命倫理」 1単位 S1 月曜5限 農学部1号館第8講義
  • 農学部
    教授 根本圭介「技術倫理」 1単位 A1 月曜5限 農学部1号館第8講義
  • 教養学部08D1002
    廣野「応用倫理学概論」 2単位 A1+A2 曜時限未定 教室未定
  • 教養学部08F1304
    松本真由美「科学技術リテラシー論Ⅱ」 2単位 A1+A2 曜時限未定 教室未定