TOP
 専攻の概要
 コース紹介
   歴史文化
   言語社会
 学生紹介
 授業案内
 研究室活動
 コリア・コロキュアム
 入試情報
 (学生の募集)
 一般利用者への
 案内
 リンク

 

言語社会コース

■専門分野の紹介

 

韓国朝鮮言語社会専門分野は、言語学、文化人類学、社会学等の諸専門領域に依拠し、韓国朝鮮の言語・社会・文化を教育・研究します。特にフィールド研究と文献研究を有機的に統合し、社会・文化構造を共時的な観点から把握する能力を養うことに重点を置きます

■教員紹介


福井 玲(ふくい れい)教授

 韓国朝鮮語の歴史言語学的研究、音声・音韻に関する研究、ハングル資料についての資料研究、韓国語の方言に関する研究を専門としている。より具体的には、15世紀を起点とする音韻史の研究や、日本と同様のピッチアクセントをもつ諸方言についての研究などのほか、本学部所蔵の小倉文庫において、雨森芳洲が編纂したと推定されながらも、これまでまったく研究されたことのない韓国語の近代語研究にとって重要な資料を見出して研究を進めている。また、ここ数年は小倉進平の残した朝鮮語方言調査資料をもとに、言語地図を作成し、その解釈を行なうことにより語彙史の研究も進めている。
 主な著書に『韓国語音韻史の探究』(三省堂2013年)、最近の論文に、「中村庄次郎筆写本『酉年工夫』の語学的特徴」(『韓国朝鮮文化研究』11、2012年)、「捷解新語初刊本のテキスト分析」(『韓国朝鮮文化研究』13、2014年)、On the history of words for sweet potato and potato in Korean. Papers from the Second International Conference on Asian Geolinguistics (2014) などがある。


本田 洋(ほんだ ひろし)教授  本田研究室のページ

 社会・文化人類学を専門とし、主として韓国の地方社会を対象とする民族誌的調査研究に従事している。当初は全羅北道南原地域農村部での長期のフィールドワークを通じて、韓国の産業化・高度経済成長と都市化の過程における農村の社会組織と民俗文化の変化を考察していたが、その後は地域活性化と観光開発、吏族家系出身者の社会関係と身分伝統の再構築、漆器産業の変遷と技能工の生活史を通じた小生産物資源の構築等の主題について、近現代韓国朝鮮地方社会を対象として、社会史・歴史人類学的視角をも合わせ、多岐にわたる研究を行うようになった。近年では、農村調査で得た知見と民族誌資料の再読による共同体論の再検討を行う一方で、都市から農村への移住者とコミュニティ形成を対象とした現地調査を主に行っている。
 主たる編著・論文に、「墓を媒介とした祖先の<追慕>―韓国南西部一農村におけるサンイルの事例から」(『民族学研究』58(2)、1993年)、「郷土芸能は誰のもの?―現代韓国農村における民俗伝承の一側面」(『朝鮮文化研究』2、1995年)、「韓国の地方邑における「郷紳」集団と文化伝統―植民地期南原地域における都市化と在地勢力の動向」(『アジア・アフリカ言語文化研究』58、1999年)、『東アジアにおける文化の多中心性』(三尾裕子と共編、風響社、2001年)、「吏族と身分伝統の形成―南原地域の事例から」(『韓国朝鮮の文化と社会』3、2004年)、『東アジアからの人類学:国家・開発・市民』(宇田川妙子・中村淳と共編、風響社、2006年)、『韓国の在地エリートに関する社会人類学的研究』(単著、科学研究費補助金基盤研究(B)研究成果報告書、2006年)、『資源人類学04 躍動する小生産物』(共著、弘文堂、2007年)、Status and Stratification: Cultural Forms in East and Southeast Asia(共著、Trans Pacific Press、2008年)、「韓国の産業化と村落コミュニティの再生産」(『韓国朝鮮文化研究』14号)等がある。研究成果の一部は、ホームページでも公開されている(http://www.l.u-tokyo.ac.jp/~hhonda/)。



李 亨眞(LEE, Hyungjin)特任准教授

 韓国現代文学を専門としている。