東京大学大学院人文社会系研究科 文化資源学研究室

出典:国立文化財機構所蔵品統合検索システムより「顔氏家廟碑」(https://colbase.nich.go.jp/collection_items/tnm/TB-366?locale=ja)ならびに「千福寺多宝塔碑」(https://colbase.nich.go.jp/collection_items/tnm/TB-363?locale=ja)を編集加工

OPEN

ようこそ文化資源学研究専攻へ

NEW2022.11.4
11月1日より、2022年度図書館総合展において東京大学「文化資源としての書物」履修生(担当教員:野村悠里准教授)によるポスター発表が始まりました。「タイムトラベル 90年前の復興図書館展 1933⇔2022」をぜひご覧ください。
NEW2022.10.6
10月28日(金)の夜に、松田陽准教授とリー・カーフイさん(文化資源学研究専攻博士課程)が登壇するワークショップ「懐かしい東京はどこへ行く?」がSHIBIYA QWSで開催されます。【終了しました】
NEW2022.9.13 
東京大学文化資源学研究室編『文化資源学──文化の見つけかたと育てかた』(新曜社、2021)が刊行されています。ぜひご一読ください。

過去の情報はこちら

ご あ い さ つ

文化資源学研究室は、2000年春に、東京大学大学院人文社会系研究科の中に誕生しました。正しくは、文化資源学研究専攻といいます。

文化資源学Cultural Resources Studiesという言葉も、この時にはじめて、わたしたちが使い始めました。それは、人間が生み出すさまざまな文化を、既成の観念や既存の制度にとらわれず、「ことば」と「おと」と「かたち」を手掛かりに、根源に立ち返って見直そうとする姿勢から生まれました。多様な観点から文化をとらえ直し、新たな価値を発見・再評価し、それらを活かしたよりよい社会の実現をめざす方法を研究・開発しようとするものです。

研究室は大学院(修士課程・博士課程)のみで、学部に対応する専修課程を持ちません。2000年春から、文化経営学、形態資料学、文字資料学の3コースを開設し、文字資料学コースは文書学、文献学の専門分野を展開してきました。2015年度からは、文化の根源的な見直しという姿勢をより明確にするため、文字資料学コースと形態資料学コースが1つとなり、文化資源学コースと文化経営学コースの2コースが開かれています。

研究成果の社会への還元を大きな目標に掲げて、働きながら学ぶ社会人学生を積極的に受け入れてきました。この研究室にどのような教員と学生が集っているのか、どうぞこのサイトの扉を開いてください。歓迎いたします。


TOP

東京大学大学院人文社会系研究科 文化資源学研究室
TEL:03-5841-3722 E-mail:bunka@l.u-tokyo.ac.jp All rights reserved. Since 2000