東大バナー


常設展示

常設展示

 陳列館2階の常設展示室では、東京大学が北見市常呂町などでおこなった発掘調査の出土資料を展示しています。
 土器、石器、骨角器、金属器など約840点の考古資料が時代毎に配列され、旧石器時代からアイヌ文化期までの北海道の先史文化について、順を追って学ぶことができます。

開館情報


旧石器時代

・岐阜第二遺跡出土石器 等

縄文時代

・トコロ貝塚出土資料

・栄浦第二遺跡13号ホ号床面一括出土 縄文晩期土器 等

続縄文時代

・宇津内式期墓壙内一括出土資料 等

擦文時代

・擦文土器藤本編年標式資料 等

オホーツク文化期

・トコロチャシ跡遺跡群出土オホーツク土器

・羅臼町トビニタイ遺跡出土 トビニタイ土器

・動物意匠のついた骨角器

・大陸系金属器

・トコロチャシ跡遺跡出土炭化木製品 等

アイヌ文化期

・トコロチャシ跡遺跡出土 アイヌ墓副葬品 等