第31号(2017年) ポスター(PDF) 目次(PDF)

巻頭言
『クリオ』バックナンバー電子化にあたって
小風尚樹
歴史研究者のためのデジタル道具箱
座談会記録:長井伸仁・清水領・舘葉月・芦部彰・大西克典ほか
歴史研究者と対象社会―近現代フランスを中心に―
沼大地
10世紀ビザンツ史料におけるブルガリア王シメオン1世の位置づけ
―対ブルガリア和平記念演説とロマノス1世のプロパガンダ―
特別寄稿:リエット・ヴァン・ブレーメン
ヘレニズム期カリアにおけるeis ta patrika
―概念、手続きそれとも慣習?―/師尾晶子訳
特別寄稿:アレクサンダー・ヘルダ
ミレトスのタレスとギリシア都市構想(アーバニズム)の誕生
―賢人は如何にして都市を創建しただろうか―/佐藤昇訳
特別寄稿:ピエール=イヴ・ボルペール
啓蒙の世紀のフリーメイソン会所におけるムスリムの認識と受容
監訳:田瀬望
史料解題・翻訳
第二リヨン公会議(1274年)決議文翻訳/監修:藤崎衛
書評:長野壮一
長谷川貴彦『現代歴史学への展望―言語論的転回を超えて―』

←第21~30号