カテゴリー別アーカイブ: 教員紹介

大西克也教授

1.専門について 古代中国語文法及び中国古文字学を研究しています。特に上古中国語といわれる秦漢以前の言語と文字に興味があり、『左伝』や『史記』など伝世文献の他に、近年あちらこちらで出てくる竹簡、帛書、青銅器銘文など、同時代の資料を使って研究を行っています。2000年以上前の資料から見えてくる中国語の姿は大変新鮮で、言語の個性と普遍性とをまざまざと認識させてくれます。中国語は歴史的資料を豊富に持つ世界でも稀な言語です。古代中国語の研究を通じて、歴史言語学に少しでも貢献しうる成果を得ることができればと思っています。 2.今はまっていること 学生時代にオーケストラで弾いていたビオラをまた始めました。幼稚園の保護者サークルでカルテットをやりたいという話が持ち上がったのですが、ビオラ奏者が見つかりません。それを知った家内があろうことか私の過去を暴露したのが発端です。20年近いブランクは如何ともしがたく、ピアノならぬビオラ殺人事件の被害者とならないためにも、練習には消音器が欠かせません。それでもたまに近所の公民館に集まって仲間と合奏するのは、ずっと忘れていた何かが思いがけず舞い戻ってきたようで、とても楽しいひと時です。 3.メッセージ 漢文(古代中国語)というのは、文脈によって如何ようにも読めるというお考えの方が多いのではないでしょうか。それが漢文は難しいとか、漢文には文法がないという見方を生み、漢文を遠ざける一つの原因になっているような気がします。私はかつて駒場の学生であった頃、漢文の授業をいくつか履修しました。その時感じた疑問は、漢文の読解が古くからの注釈や読書経験に依存しており、なぜ他の外国語のような文法規則に基づく厳密な解釈が示されないのかということでした。解釈の依拠を客観的に示すことができないことへの苛立ちと不信が私を文法研究の道へ駆り立てたと言えるでしょう。昔の人は漢文をよく読めたと言われます。それはある意味では確かなのですが、しかし漢文(古代中国語)を貫く太い規則の束は、必ずしも明確に認識されてはいなかったのです。それを解明し、読書に応用することによって、詩であれ、伝記であれ、思想的著作であれ、私たちはより高いレベルの読解を目指すことができるのです。さまざまな制約により、古代中国語の文法体系は、これまで十分には研究されてきませんでした。現代中国語文法研究の飛躍的発展と、電子テキストの充実を契機として、古代中国語文法研究は新たな局面を迎えています。これまでさんざん読まれてきた古代のテキストは、決して堆高く積まれた反故なのではなく、実は宝の山なのです。 文学部の全学向け講義『原典を読む』では、10年近く毎年司馬遷『史記』を読んできました。古代の言葉の面白さを少しでも伝えられる講義を心がけています。気軽に参加していただけると幸いです。

カテゴリー: 教員紹介 | コメントをどうぞ

木村英樹教授

本郷キャンパスの「中文研究室」は、「中国語中国文学研究室」の略称です。つまり、私たちの研究室は、「文学」だけではなくて「語学」を研究する場でもあるのです。ですが、私が学生をやっている大昔から、比較的最近まで、わが研究室では、「中国語学」を研究対象として専攻する学生は圧倒的に少数派でした。ところが近年徐々に変化の兆しが現れ、最近では、語学を専攻する学生、それも古漢語を専攻する学生が増えてきており、古漢語専攻の大西先生と私が加われば、ソフトボール・チームを編成することも可能です(実戦するかしないかは別の話ですが)。駒場キャンパスでは、中国語の履修者がフランス語やドイツ語を凌ぐ勢いで急増していると聞きます。当然、その数に比例して「チャイ語大好き!」という学生の数も増えれば、なかには、「文法のはなしが三度の担々麺より好き!」とか、「甲骨文字の難解さにコウコツとさせられる」というような奇特な学生さんもいるに違いありません。身に覚えのある駒場生のみなさんは、明日にでも私の研究室のドアを叩いてみてください。

カテゴリー: 教員紹介 | コメントをどうぞ

藤井省三教授

専門分野: 私の研究教育のテーマは20世紀中国語圏の文学と映画です。具体的に言いますと、 (1)魯迅・胡適から莫言・鄭義・高行健に到る20世紀の中国文学、 (2)佐藤春夫から李昂に到る台湾文学および也斯や李碧華の香港文学、 (3)この百年における日本と中国語圏文化人の交流(この数年は「中国語圏における村上春樹の受容」と「東アジアの魯迅「阿Q」像の系譜」がテーマです) そして(4)中国・香港・台湾・シンガポールの映画批評ということになるでしょう。 最近の著書には新しい魯迅像を描き出した『魯迅――東アジアを生きる文学』(岩波新書)、村上春樹の中国への関心と中国・香港・台湾の村上受容を分析した『村上春樹のなかの中国』(朝日選書)、現代文学史としては『中国語圏文学史』(東京大学出版会)、そして映画批評の『中国映画 百年を描く、百年を読む』(岩波書店)などがあります。それぞれ中国語訳や韓国語訳されて、東アジアでも広く読まれています(但し『中国映画』は中国側が版権取得済みの段階)。 コメント: 中国の悠久なる歴史と広大なる大地は、多様性と重層性に富む文化を育ててきました。中文研究室にも日本の学生さん・院生さんのほかに、中国・香港・台湾・韓国そしてシンガポールや欧米の留学生・研究者が集まっています。こんな賑やかな中文が大好きです。

カテゴリー: 教員紹介 | コメントをどうぞ