教 授  亀田 達也  (社会心理学研究室)

所属
  • 【行動文化学科】社会心理学専修課程
  • 【社会文化研究専攻】社会心理学専門分野

専門は社会心理学・意思決定科学。生物種としてのヒトは、共感や利他性、嫉妬や差別などの正負両面を含め、他者の福利・状態に無関心ではいられないという意味での「高度の社会性」を備えている。このような社会性がどのような生物的・社会生態学的な基盤をもち、どのように私たちの「心」に実装されているのかを考えたい。現在の具体的な研究関心は、(1)ヒトと真社会性昆虫(ハチやアリなど)に共通して認められる集団レベルの知恵(“集合知”)の創発を支える認知・行動アルゴリズムを理解すること、(2)「正義」や「規範」といった高次の社会価値を支える神経・認知・行動的な基盤を明らかにすること、(3)同じくヒト社会において特徴的とされる「共感性」が、ほかの動物種とどこまで連続で、またどのようにユニークなのかを解明すること、などにある。神経科学、経済学、進化生物学、情報工学、法哲学、倫理学などの隣接領域の研究者とのコラボレーションを通じて、「あるべき行為・社会」についての人文学・社会科学の知と、行動科学・脳科学による経験的知見の対応を考えたい。

ラボホームページ

URL:
http://www.tatsuyakameda.com/
詳細情報  2014-2015年度  2016-2017年度  2018-2019年度
研究室