教 員

 梶原 三恵子 教授
 
専門分野
サンスクリット文献学を専門とする。
 古代インドにおいて約一千年にわたって成立したヴェーダ文献を主資料として、各種の古代インド家庭儀礼の構造と発展を研究することによって、インド文明史の源流の一端を明らかにすることをめざしている。家庭儀礼の範疇に属する諸儀礼は、資料がヴェーダ新層からポスト・ヴェーダ時代の文献に集中しているが、これらを詳細に解析記述する作業を積み重ねるとともに、ヴェーダ初期および中期の文献に散見される断片的資料をも掘り起こすことによって、古代インドにおける諸家庭儀礼の原型とその発達・変遷をたどる。一方で、現代インドで行われている家庭儀礼の実態に注意を払い、古代ヴェーダ家庭儀礼との連続性および非連続性についても考察する。当面の研究課題はヴェーダ期の入門と学習に関連する諸儀礼である。入門・学習儀礼はヴェーダ文献の伝承と深く関わるものであり、これらを研究することで、ヴェーダの生成と伝承というインド学の大きなテーマに新たな光をあてることをもめざす。 
主要研究業績
  • "The `grhya' Formulas in Paippalada-Samhita 20."
    ZINBUN: Annals of the Institute for Research in Humanities, Kyoto University, No. 42, pp. 39-62, 2011.
  • "On the Grhyasutra of the Vadhula School."
    Journal of Indological Studies, Nos. 20/21, pp. 25-42, 2009.
  • "The Upanayana and Marriage in the Atharvaveda."
    The Vedas. Texts, Language & Ritual (ed. A.Griffiths and J.E.M.Houben), Groningen, pp. 417-431, 2004.
  • 「ヴェーダ入門儀礼の二つの相−通過儀礼と学習儀礼−」
    『佛教学セミナー』78, pp. 1-20, 2003.
  • 『古代インドの入門儀礼』 法蔵館, 2021 
リンク
   梶原研究室HP  /   サンスクリット語HP
 尾園 絢一 助教
 
専門分野

古インドアーリヤ語(サンスクリット)文法を専門とする。これまでインド伝統文法学の創始者パーニニ(紀元前4世紀)が定式化した言語をヴェーダ学とインド・ヨーロッパ(印欧)語比較言語学における研究蓄積を基に古インドアーリヤ語の歴史的展開の中に位置付けることを目指してきた。具体的にはパーニニが教えるヴェーダの古い語法をヴェーダ文献に在証される用例と照合し,パーニニが念頭においていた言語事実の同定に取り組んだ。 近年は印欧語比較言語学の中で発展してきたヴェーダ語の動詞形態論に研究の重点を置いている。印欧各言語の動詞カテゴリーについて着実に研究が積み重ねられてきており,その中でもヴェーダ語の動詞研究は中心的な役割を担う。現在,動詞カテゴリーの中でも特に解明が望まれるヴェーダ語の重複現在語幹の研究に取り組んでいる。ヴェーダ文献に現れる用例を言語学的,文献学的に検討し,古イラン語(アヴェスタ語,古ペルシア語),ギリシア語などに見られる対応形や他の動詞カテゴリー(アオリスト,完了)との比較を通じて,印欧祖語にまで遡る重複現在語幹の形態と機能の解明を目指す。

主要研究業績
  • 『パーニニが言及するヴェーダ語形の研究』東北大学出版会, 2018.
  • 「Zur Entstehung der vedischen āya-Denominativa aus a-stämmigen Nomina」『印度学仏教学研究』第67巻3号, pp.7-12, 2019.
  • "Das Vedische bei Pānini" Stuiden zur Indologie und Iranistik Band 27, pp.237-256, 2011.



トップページへ戻る