東京大学被災地支援ネット

      
東京大学被災地支援ネットとは
         

「東京大学被災地支援ネット」を立ち上げました。 この組織は、東京大学の教職員がそれぞれの支援活動内容に応じて自発的に支援の組織を作り、それらが協力し合うように、情報の交換等を行い、学内の各支援組織の支援活動を支えるとともに、被災地での支援の展開をするための後方支援の学内拠点となり、東日本大震災による被災地の再生、被災者の自立を支援する、というものです。  阪神・淡路大震災の反省で言えば、専門職による支援(職能ボランティア)が最も被災地では今、必要な時期です。また多様な専門領域が関わり、必要に応じて連携して行く必要があります。東京大学被災地支援ネットは可能な限りこうした被災地の声に耳を傾け、支援の輪を広げたいと思います。  すでに支援活動をされている方、これから考えようとする方、是非、この支援ネットに参加していただきたいと思います。