東洋史学専修課程



はじめに


1.東洋史学の魅力

 東洋史学(アジア史)のおもしろさ、それはアジア社会がもつヴァイタリティー、それと表裏の急激な社会変化、そして今後の世界を変えていく可能性にある。アジアの魅力は、アジア社会に一歩でも足を踏み込んだ経験をもつ者であればすぐに感ずるであろう。喧騒と色彩と匂いのあふれる街路、水と光と草原と雪と日差しの極限から極限までのスペクトル、伝統と現代との整理のつかない混雑…。そのいずれもが、人をアジア社会に引き寄せ、好奇心をあおり、不安感を増幅させ、そして知的冒険心を掻き立てるのだ。

 東洋史学が対象とするこのようなアジア社会は、落ち着き安定したヨーロッパ社会とは異質なものである。したがって、その社会へのアプローチも定まったものがあるわけではない。たとえば、後に個別に紹介するように、佐川教授は都城の遺跡を中心に中国各地や韓国で調査を行っている。吉澤教授は、沿海部都市と内陸とのギャップから中国全体を見渡している。また、島田准教授はインドのスーラトや東南アジアのジャカルタなど、かつての国際貿易都市を調査し、南・東南アジアと世界がどのように結び付いていたのかを考察する。守川准教授は、西アジアや中央アジアの聖者廟や墓地を中心に、宗教と社会の関係を捉え直そうとする。これらのフィールドに、スタッフはしばしば足を運び、場合によっては学生が同行する場合もある。つまり東洋史学研究室のスタッフも学生も、まずアジア社会の中に入り、体験を積み、アジアを見る目を養っていくという方法の重要性を、認識しているのである。

 もちろん東京大学東洋史学研究室が研究対象としているのは、激しい変化の中にある現代のアジアだけではない。そこには、「史記の世界」から「コーランの世界」にいたるまで、多様な文明世界の、古代から現代にいたる歴史が含まれている。東アジア文明の担い手となった中国・朝鮮、いくつもの騎馬民族国家が興亡した内陸アジア、仏教・ヒンドゥー・イスラーム文化が入り組む南アジア・東南アジア、そして古代オリエント文明とイスラーム文明が交錯する西アジア、さらに地中海・イスラーム文明と緊密な交渉を保ってきた北アフリカ・イベリア半島…。これらの地域は約五千年にわたる長い歴史を持ち、膨大な人口と広大な領域を有している。この地域に生きる人々の生活と文化を知ることなしには、世界を理解することはできないはずである。

 近代以降の歴史学は、「西洋」=ヨーロッパを中心にして歴史の理論を組みたて、世界史の展開を理解しようとしてきた。実際、上述の多様な地域を「オリエント」ないし「東方」として一括しようとする発想自体、ヨーロッパ社会の自己認識と表裏をなす西洋起源の考え方である。その意味では、「東洋史学」という枠組みは自明のものではない。「ヨーロッパの眼」でアジアの歴史を見ることは、単にヨーロッパのアジア観をゆがめてきただけではなく、アジアのアジア観をも歪めてきた。そうした見方に、大きな疑問を突きつけてきているのが近年非常に盛んになってきたグローバル・ヒストリーの潮流であるが、同じく東洋史学研究室もそうした見方に安住していない。

 では、どのような方法と態度がアジア研究、とりわけ東洋史学研究に必要なのだろうか。そこには、安心して頼れるような確立した「東洋史学研究の方法」があるわけではない。むしろ、それぞれの研究者がそれぞれの方法を模索しながら個性豊かな歴史社会と取り組んでいるところに、現在の東洋史学の面白さがあるともいえよう。しかし、東京大学東洋史学研究室には、長年の伝統が築き上げてきたいくつかの重要な特色がある。

 第一は、方法的・理論的関心の強さである。本研究室の歴代の教員は、さまざまな隣接学問分野の成果を積極的に吸収し、自らの方法視角を明示し、相互の批判をも含めて、学界の方法論争のなかで重要な一翼を担ってきた。したがって、本学科に進学する学生にも、方法や理論への強い関心をもつことが要求されるであろう。

 第二は、「史料を正確に、厳密に読む」という実証的研究態度である。つまり先人の研究に安易によりかからず、史料と直接に接しつつ、研究方法の妥当性を常に吟味していくという態度が不可欠なのである。そのために中国語・朝鮮語・ベトナム語・インドネシア語など東南アジア諸語、ヒンディー語・タミル語など南アジア諸語、アラビア語・ペルシア語・トルコ語など西アジア・中央アジア諸語などを、習得することが推奨される。ヨーロッパ人の旅行記・伝記・報告書や過去の研究を批判的に利用するために、英語・ドイツ語・フランス語・ロシア語などの読解力も必要となろう。教養学部や文学部には、これらの言語を習得する授業が設けられているので、各人の興味にしたがって必要な言語を学ぶことができる。

 第三は、研究対象にタブーを設けていないという点である。歴史学にはふさわしくないと勝手に思い込まれてきた、たとえば絵画・服飾・音楽・料理のようなテーマであっても、それを研究対象として選ぶのを妨げることはない。また、「人と物と思想の東西交流」やアフリカ・オセアニアの歴史も東洋史の研究対象となる。現スタッフでは対応できない場合には、そのテーマにふさわしい研究者を紹介できる力量とつながりを東洋史学研究室は有している。


2.卒業論文について

 東洋史学研究室では卒業論文の作成が重視される。それは学生時代に全力を傾けて一つのテーマを追究した体験が、その後の人生に必要であり、かつ役立つと考えるからである。東洋史学研究室の教育の目的は、必ずしも東洋史に関する広い知識を集積することのみにあるのではない。むしろ歴史的情報にじかに接して、自分のものの見方を自力で練り上げてゆく、そうした知的態度・知的誠実さを身につけることが重要なのだ。他人から与えられた器をそのまま使うのでなく、自分で鉱石を掘り出し、自分の工夫した方法で精錬し、鋳造していこう。その結果できた器がたとえ先人のものより不格好であっても、その体験はきっと貴重な感動を与えてくれるにちがいない。そして東洋史学研究室はそうした態度を高く評価する。

 東洋史で卒業論文を書くのは難しいと思うかもしれない。しかし、論文の評価の基準は単純である。自分で生の情報に接し、そこから得られた観察を明晰な言葉で論理的にまとめているかどうか、という点が問われるだけである。真摯に取り組めば、必ず評価される。


3.卒業生の進路

 東洋史学研究室の卒業生は、毎年三分の一前後が大学院へ進学し、他の多くが企業に就職している。 就職先は多様で、大手製造業、銀行などのほか、出版・マスコミ関係もほぼ毎年就職者がある。公務員を目指すものも少なくない。


4.おわりに

 東洋史学研究室に進学してくる学生諸君は、講義や演習、先輩や同級生との討論などを通じ、歴史学には様々な方法があり、様々なものの見方があるのだ、ということに実感をもって気づいてほしい。対象地域を深く研究することは、同時に自分のものの見方を確立していく過程でもある。多様な視角、多様な方法相互の対話を楽しみつつ、新鮮な感覚とたくましい意欲をもって、自分の個性的なアプローチを追求されることを期待したい。

 また学部時代は、受け身の学習から抜け出し、研究上で自らの問題を見つけだすとともに、これからの長い人生についての重要な選択を迫られる大切な時期でもある。コーチ役・助言者としての教授や助教、先輩や同級生の集まる研究室での率直な交流は、お互いに大きな刺激をもたらすであろう。研究室にはアジア各地からの留学生も少なくない。本郷への進学後は、積極的に研究室に顔をだし、ここを新しい学生生活の拠点としてほしい。



教員・ゼミ紹介


 現在のスタッフは、中国史3名、南・東南アジア史1名、西・中央アジア史1名からなり、また韓国朝鮮文化研究室から1名が学部授業を兼担している。加えて毎年、学内外から数名の講師を招き、アジア全域をカヴァーしている。いずれもそれぞれ独自の領域で、既存の枠組にとらわれない歴史像を描き出そうとしてきた専門家ばかりである。東洋史学研究室進学を志す学生諸君には、このような教員の研究の積み重ねと現在の興味とが色濃くにじみ出た講義や演習から何かをつかみ取ってもらいたい。

 次に各教員の研究内容を紹介しよう。佐川英治教授は中国古代史、吉澤誠一郎教授は近代中国の政治社会史、島田竜登准教授は南・東南アジア史、守川知子准教授は西・中央アジア史、海老根量介助教は中国古代史である。また韓国朝鮮文化研究室の六反田豊教授には朝鮮史の演習・講義をはじめとして東洋史学研究室の教育に参加していただいている。


 六反田豊教授は、朝鮮中世・近世史を専門とする。これまで朝鮮時代の水運史や財政史・経済史を中心に研究してきた。また10年ほど前から朝鮮時代の海事史研究にも従事しており、朝鮮時代後期を対象に、済州島民の漂流・漂着問題や地方官府の海防体制などについての論考を発表している。最近ではさらにそこから発展して、海や河川などの「水環境」と人間・社会とのかかわりに着目するようになり、共同研究を組織して、漢江流域を主要な対象地として現地調査を進めている。ほかに朝鮮時代の古文書研究や朝鮮時代の国家論・社会論なども手がけている。

 著書に、『日本と朝鮮比較・交流史入門 ―近世、近代そして現代―』(共編著、明石書店、2011年)、主な論考に、「朝鮮初期における田税穀の輸送・上納期限 ―漕運穀を中心として―」(『東洋史研究』64-2、2005年)、「十九世紀慶尚道沿岸における「朝倭未弁船」接近と水軍営鎮等の対応 ―『東萊府啓録』にみる哲宗即位年(一八四九)の事例分析―」(井上徹編『海域交流と政治権力の対応』汲古書院、2011年)、「洞春寺所蔵『新編古今事文類聚』紙背朝鮮文書の復元と検討」(宗教法人洞春寺編『山口県指定有形文化財『洞春寺開山嘯岳鼎虎禅師手沢本』保存修理事業報告書』同寺、2011年)、「朝鮮時代の「武」と武臣」(『韓国朝鮮の文化と社会』10、2011年)、などがある。


 佐川英治教授は、中国古代史を専門とする。均田制の研究を皮切りに、これを記した6世紀の歴史書『魏書』の史料論や征服王朝の問題へと研究を展開している。最近では、唐の長安に代表される東アジアの都市プランの起源の解明に取り組み、一方では383年の淝水の戦いを転換期とする新しい中国古代史像にも挑戦している。

 著書に『中国古代都城の設計と思想』(勉誠出版、2016年)、『378年 失われた古代帝国の秩序』(山川出版社、2018年、共著)、主な論考に、「北魏均田制の目的と展開」(『史学雑誌』110-1、2001年)、「東魏北斉革命と『魏書』の編纂」(『東洋史研究』64-1、2005年)などがある。


 吉澤誠一郎教授は、19世紀末から20世紀初めの中国政治社会史、特に天津の歴史を研究している。近代都市社会の形成を民衆運動、ナショナリズムなどの問題と関連づけながら描き出している。最近では、中国の沿海部と内陸部との経済格差の歴史的起源に関心を持ち、内陸中国に頻繁に足を運んでいる。

 主著として、『天津の近代――清末都市における政治文化と社会統合』(名古屋大学出版会、2002年)、『愛国主義の創成――ナショナリズムから近代中国をみる』(岩波書店、2003年)がある。

 講義では、中国近現代史の最近のトピックスをとりあげ、演習では、漢文史料および関連論文の講読を行う。


 島田竜登准教授は、東南アジア史・南アジア史を担当している。専門は特に16世紀以降の海域アジア地域の経済史・貿易史である。オランダ東インド会社文書を主軸に各種言語の史料を組み合わせることで、多面的な歴史像を描き出すことに関心がある。目下の研究テーマは、バタヴィア(ジャカルタ)都市史、アユッタヤー貿易史、アジア域内貿易史、オランダ東インド会社史、日本・アジア関係史、異文化交流史などであるが、歴史学の方法論やグローバル・ヒストリーに関しても積極的に発言している。

 主著はThe Intra-Asian Trade in Japanese Copper by the Dutch East India Company during the Eighteenth Century (Leiden and Boston: Brill Academic Publishers, 2006)のほか、日本語・英語による多数の論考がある。また、放送大学では2018年度からテレビ放送授業「グローバル経済史」を担当している。

 講義では東南アジア史・南アジア史・海域アジア史の主要なトピックスを取り上げ、学部生向けの演習では海域アジア史に関する英文の研究書・史料を講読する。そのほか、2012年度以来、課外授業として初級オランダ語ないしはオランダ東インド会社史料講読を開いている。


 守川知子准教授は、前近代および近代の西アジア史、特にイラクのシーア派聖地への巡礼や、ペルシア語の歴史叙述・学術史、文化交流といった社会史や文化史を専門としている。イスラームに限定されない西アジアの多様な宗教・言語環境に関心を持ち、近年では、近世期の旅行記や回想録といった一人称の叙述史料を用いた研究を行っている。

 主著に、『シーア派聖地参詣の研究』(京都大学学術出版会、2007年)、編著に『移動と交流の近世アジア史』(北海道大学出版会、2016年)がある。

 講義では、西アジア史・中央アジア史に関連するトピックスを取り上げ、演習では、西アジア史に関する論文の講読を行う。


 海老根量介助教は、は、中国古代史を専門とする。これまで継続的に研究してきたテーマとしては、戦国時代から漢代にいたるまで流行し続けた「日書」と呼ばれる占術書の研究がある。人々が「日書」をどのように受容していたのかということに注意を払いつつ、同時代の法制史料なども利用しながら、当時の社会について解明を行っている。

 主な論考に、「放馬灘秦簡鈔写年代蠡測」(武漢大学簡帛研究中心主弁『簡帛』第7輯、上海古籍出版社、2012年)、「「盗者」篇からみた「日書」の流通過程試論」(『東方学』128、2014年)、「秦漢の社会と「日書」をとりまく人々」(『東洋史研究』76-2、2017年)などがある。



トップページ