トップページへ移動

大学院への入学

 大学院人文社会系研究科スラヴ語スラヴ文学専門分野では、スラヴ語圏の文化・語学全般を研究することができます。ロシア文学を専門とする人が多く、授業もロシア文学を対象としたものが中心ですが(詳しい授業紹介)、ロシア以外のスラヴ語圏の語学・文学、また、文学以外の音楽やバレエといった芸術に取り組んでいる人もいます(大学院生の紹介)。

 院生の出身大学はさまざまです。博士課程からの入学も広く受け入れています。また、社会人としての経歴を積んでから入学する人も多く、院生の年齢層はきわめて幅広いです。

 在学中に多くの人が長期留学します。行き先はロシアのほか、ポーランドや旧ユーゴスラヴィアなど、スラヴ語圏全体に渡ります。留学先で学位を取得する人も少なくありません。

 大学院生には、日本学生支援機構や日本学術振興会による奨学金・研究助成のほか、人文社会系研究科による助成制度があります。また、留学に際しても、日本学生支援機構や日露青年交流センターその他の助成金を、多くの人が獲得しています。

 修士課程修了者の進路は、進学のほか、ロシア語力を生かして商社や翻訳会社への就職、新聞社・出版社などマスコミへの就職を中心に、公務員、語学学校経営などさまざまです。

ガイダンスと入学試験

 例年7月に、人文社会系研究科で一般向けのガイダンスが開かれます。当研究室からも教員が参加しますので、入学を考えておられる方はぜひお出でください。それ以外のときにも、疑問や質問がある方は、お気軽に電話かメールでご連絡ください(ただし、入試の内容に関わることはお答えできません。過去問は文学部複写センターで入手できます)。

文学部複写センター
http://www7b.biglobe.ne.jp/~printservice/



 大学院入学試験は1月から2月にかけて行われます。願書の受付は、修士課程が10月、博士課程が12月です。それに先だって、人文社会系研究科大学院係で、募集要項が配布されます。


平成26年度大学院入学試験の説明会の日程が発表になりました。
http://www.l.u-tokyo.ac.jp/applicant/graduateschool/briefing.html