佐藤 宏之

 

1.略歴

 1982年3月 東京大学文学部考古学専修課程 卒業

 1982年4月 財団法人東京都埋蔵文化財センター調査員

 1988年4月 法政大学大学院人文科学研究科日本史学専攻修士課程入学

 1991年3月 法政大学大学院人文科学研究科日本史学専攻修士課程修了

 1991年4月 法政大学大学院人文科学研究科日本史学専攻博士後期課程入学

 1994年3月 法政大学大学院人文科学研究科日本史学専攻博士後期課程修了、博士(文学)取得

 1994年4月 財団法人東京都埋蔵文化財センター副主任調査研究員

 1997年4月 東京大学大学院人文社会系研究科助教授

 1997年5月 東京大学文学部付属北海文化研究常呂実習施設助教授

 1999年4月 東京大学大学院新領域創成科学研究科助教授

 2003年4月 東京大学大学院人文社会系研究科助教授

             (新領域創成科学研究科助教授併任、2004年3月まで)

2007年4月 東京大学大学院人文社会系研究科教授

2.研究活動

 a 専門分野

   先史考古学、民族考古学、人類環境史

 b 研究課題

  (1)日本列島および東アジアの旧石器時代における石器技術論、行動論、遺跡形成論的研究。

  (2)生業・居住形態等に関する民族考古学的研究。

  (3)民俗知の環境論的研究。

 c 主要業績

 (1) 著書

編著、「縄文化の構造変動」、六一書房、2008.9

編著、「環日本海北部地域の後期更新世における人類生態系の構造変動」、総合地球環境学研究所、2008.11

編著、「日本列島北部の更新世/完新世移行期における居住形態と文化形成に関する総合的研究」、東京大学大学院人文社会系研究科、2009.3

共編著、高橋啓一・出穂雅実編著、「北海道忠類ナウマンゾウ産出地点の再調査報告」、化石研究会、2010.3
 (2)論文
「日本列島における東北地方の考古学的位置」、東北芸術工科大学東北文化研究センター紀要、7、25-31頁、2008.3

「東アジアにおける後期旧石器時代の形成」、異貌、26号、2-15頁、2008.5

「Ethnoarchaeology of trap hunting among the Matagi and the Udehe, traditional hunting peoples living around the Sea of Japan」、Senri Ethnological Studies、72、pp.25-46、2009.1

「地考古学が考古学に果たす役割」、第四紀研究、48巻2号、77-83頁、2009.4

「東アジア型ハンドアックス石器群の展開」、物質文化史学論聚、45-55頁、2009.6

「東アジアにおける前期旧石器時代から後期旧石器時代開始期までの研究の現状と展望ー東アジア世界の成立ー」、九州旧石器、13号、1-7頁、2009.12

「東アジアにおける削片系細石刃石器群の伝播」、比較考古学の地平、895-904頁、2010.2

「Social complexity and organization in Paleolithic of Eurasia」、Al-Rafidan、Special Issue、pp.21-24、2010.3
 (3)総説・総合報告
「北海道における考古学的黒曜石研究の現状と課題」、『旧石器研究』4、107-122頁、2008.5

「民族考古学」、縄文の考古学、12巻、13-23頁、2010.1
 (4)研究報告書
「環日本海地域における細石刃石器群の<伝播>と構造変動」、<伝播>を巡る構造変動-国府石器群と細石刃石器群、96-109頁、2008.4

「野生動物の保護管理問題と科学の方法」、少子高齢化時代における持続的資源利用型狩猟システムの開発に関する新領域形成、18-20頁、2009.3

「日本列島における中期/後期旧石器時代移行期の石器群と竹佐中原遺跡」、長野県竹佐中原遺跡における旧石器時代の石器文化2、365-372頁、3010.3
 (5)学会発表

「サハリン中世遺跡の考古学的調査」、シンポジウム「中世総合資料学の実践 間宮海峡から琉球弧へ」、東洋大学、2008.1.12

「地考古学が考古学に果たす役割」、日本第四紀学会シンポジウム「考古遺跡から何がわかるか Geoarchaeology」、東京大学、2008.2.2

「旧石器時代に"部族"の可能性を探る」、特定領域研究公開シンポジウム「西アジア部族社会とビシュリ山系」、池袋サンシャインシティー、2008.2.16

「マラヤ・ガバニ遺跡における考古学的調査(2007年度)」、第9回北アジア調査研究報告会、北海道大学、2008.3.15

「サハリン南部東海岸における中世遺跡の調査」、第9回北アジア調査研究報告会、北海道大学、2008.3.15

「2007年度沿海州ハサン地区一般調査報告」、第9回北アジア調査研究報告会、北海道大学、2008.3.15

「環日本海地域における細石刃石器群の伝播と構造変動」、公開シンポジウム「伝播を巡る構造変動」、東京大学、2008.4.27

「東シベリアとアムール下流域との先史狩猟採集民間にみられる交渉関係史の解明」、第75回日本考古学協会総会、東海大学、2008.5.25

「Landscape evolution and culture changes in Upper Paleolithic of northern Japan.」、International Symposium "The Current Issues of Paleolithic Studies in Asia and Contiguous Regions"、Russia, Altai、2008.6.26

「北海道、忠類ナウマンゾウ産出地点における地質調査」、「日本列島における人間-自然相互関係の歴史的・文化的検討」全体集会、総合地球環境学研究所、2008.12.6

「マラヤガバニ遺跡における考古学的調査(2008年度)」、第10回北アジア調査研究報告会、東京大学、2009.2.21

「教科書改訂への提言 旧石器時代-小学校6学年 社会科(歴史)教科書を考える」、第75回日本考古学協会総会、早稲田大学、2009.5.31

「The process of Jomonization: correlation between prehistoric human cultures and environmental change in Pleistocene-Holocene transition in Japan」、International Symposium "Environment DEvelopment of East Asia in Pleistocene -Holocene、Vladivostok, Russia、2009.9.14

「民族考古学からみた縄文文化の構造変動-狩猟採集民の定住行動-」、日本考古学協会2009年度山形大会シンポジウム、東北芸術工科大学、2009.10.17

「Interim report on the excavation of the Yoshiizawa site in Hokkaido, northern Japan」、International Symposium on Paleoanthropology in Commemoration of the 80th Anniversary of the Discovery of the First Skull of Peking Man、古脊椎動物与古人類研究所、2009.10.21

「東アジアの土器の始まり-ロシア極東を中心に-」、シンポジウム「世界の土器の始まりについて」、古代オリエント博物館、2009.10.31

「Social complexity and organization in Paleolithic of Eurasia」、部族社会の形成-シリア、ユーフラテス河中流域の総合研究-、池袋・サンシャインシティー文化会館、2009.11.21

「東アジアにおける前期旧石器時代から後期旧石器時代開始期までの研究の現状-東アジア世界の成立と展開-」、第35回九州旧石器文化研究会鹿児島大会、指宿市考古博物館、2009.12.5

「Tephrochronology and human activities of Late Pleistocene in Kyushu Island, Japan」、Indo-Pacific Prehistory Association, 19th Conference、ベトナム社会科学院考古研究所、2009.12.5

「2009年度クニャーゼ・ヴォルコンスコエ1遺跡の調査について」、第11回北アジア調査研究報告会、石川県立歴史博物館、2010.3.13

「Ethnoarchaeological research of the hunter-gatherer cultures in Russian Far East and its relationship with Jomon culture 」、Japanese-Russian Joint Research Project “Cultural Adaptation in the Forest Areas in the Russian Far East”The First International Workshop 、国立民族学博物館、2010.3.22
 (6)会議主催(チェア他)
「日本第四紀学会シンポジウム「『考古遺跡から何がわかるか Geoarchaeology』」、実行委員長、東京大学、2008.2.2

「シンポジウム『伝播を巡る構造変動』」、主催、東京大学、2008.4.27

「日本植生史学会第23回大会シンポジウム『環境変動と人間活動による植生の形成を読み解く』」、オーガナイザー、2008.11.15

「第10回北アジア調査研究報告会」、実行委員長、東京大学、2009.2.21~2009.2.22

3.主な社会活動
 (1)他機関での講義等

立正大学非常勤講師、2008.4~

早稲田大学非常勤講師、2008.4~
(2)学会

「日本考古学協会」、役員・委員、理事、2008.5~

「史学会」、評議員、2002.4〜

「日本第四紀学会」、評議員・幹事、2007.8〜

(3)学外組織委員(学協会、省庁を除く)委員・役員

「北海道北見市」、常呂遺跡史跡整備専門委員会委員、1998〜

「長野県埋蔵文化財センター」、竹佐中原遺跡等調査指導委員会専門委員、2000.9〜2010.3

「群馬県みどり市」、岩宿文化賞選考委員、2008.7~

佐藤 康宏

 

1.略歴

 19734月  東京大学教養学部文科三類入学

 19783月  東京大学文学部美術史学専修課程卒業

 19784月  東京大学大学院人文科学研究科修士課程(美術史学専攻)入学

 19803月  東京大学大学院人文科学研究科修士課程(美術史学専攻)修了

 19804月  東京国立博物館学芸部資料課に勤務(文部技官)

 19814月  文化庁文化財保護部美術工芸課に出向

 198910月  同上 絵画部門文化財調査官

 199410月  東京大学文学部に出向(助教授)

 19954月  東京大学大学院人文社会系研究科助教授(美術史学)

 20004月  東京大学大学院人文社会系研究科教授(美術史学)

 

2.主な研究活動

 a 専門分野

 日本美術史を専攻する。主たる分野は絵画・版画の歴史。

  研究課題

室町時代末期から江戸時代初期にかけての風俗画、江戸中期の若冲・蕭白と浮世絵、中後期の南画をおもな研究領域としているが、近年は平安・鎌倉時代の絵巻や近代の洋画も論文の主題にするなど、論及の対象は拡大した。いわゆる<新しい美術史学>が提起した記号論、社会史、精神分析などの観点を日本絵画の解釈に生かすとともに、作品と文献史料の双方で絵画史研究のための基礎資料を整備することに努めている。

 c 研究業績

 (1)著書

共著、The History of Painting in East Asia: Essays on Scholarly Method, Rock Publishing International, Taipei, 2008

単著、『日本美術史』、財団法人放送大学教育振興会、2008.9

 (2) 学術論文(雑誌掲載および編著収録)

「蕪村が謝寅になるまで」、MIHO MUSEUM『与謝蕪村―翔けめぐる創意』(展覧会カタログ)、258-267頁、2008.3

「若冲の鶏」、秋篠宮文仁・西野嘉章編『鳥学大全』(東京大学総合研究博物館)、304-316頁、2008.3

「小林清親の東京名所図――《海運橋》を中心に」、『美術フォーラム21』、18号、55-59頁、2008.11

« Les peintres de Kyoto au XVIIIe siècle ou la peinture a l' époque de sa reproductibilité technique »   , MIURA Atsushi ed., Génétique de la peinture: Actes du colloque international, UTCP Booklet 16, pp.25-45, 2010.3

「若冲・蕭白とそうでないもの」、『美術史論叢』、26号、1-35頁、2010.3

(3) 書評

「塚本麿充『崇高なる山水――中国・朝鮮、李郭系山水画の系譜』」、大和文華館(展覧会カタログ)、2008.10、『國華』、1370号、51-52頁、2009.12

 (4)解説

「江戸美術の畸人たち」、『美術史論叢』、24号、17-45頁、2008.3

「浦上玉堂筆 山水画帖」、『國華』、1359号、27-29頁、2009.1

「黒田の身体 日出男の肖像」、『黒田日出男『王の身体 王の肖像』(ちくま学芸文庫)』、411-419頁、2009.2

「与謝蕪村筆 秋景山水図」、『國華』、1362号、20-23頁、2009.4

「菊池容斎筆 呂后斬戚夫人図」、『國華』、1370号、32-34頁、2009.12

(5)啓蒙

「日本美術史不案内1 空間読めよ」、『UP』、439号、24-25頁、2009.5

「日本美術史不案内2 代理=表象」、『UP』、440号、26-27頁、2009.6

「日本美術史不案内3 トランジスタ・ラジオ」、『UP』、441号、28-29頁、2009.7

「日本美術史不案内4 交渉する画家」、『UP』、442号、32-33頁、2009.8

「日本美術史不案内5 世界の中心で、六甲颪を叫ぶ」、『UP』、443号、18-19頁、2009.9

「若冲・蕭白だけじゃない 日本人の知らない日本美術の名匠」、『文藝春秋 special』、10号、160-165頁、2009.10

「日本美術史不案内6 ガラスのかけら」、『UP』、444号、28-29頁、2009.10

「日本美術史不案内7 美術史が新しかったころ」、『UP』、445号、24-25頁、2009.11

「日本美術史不案内8 最古の洛中洛外図」、『UP』、446号、20-21頁、2009.12

「日本美術史不案内9 達磨」、『UP』、447号、26-27頁、2010.1

「日本美術史不案内10 真理なんてどうでもいいわけ?」、『UP』、448号、3233頁、2010.2

「日本美術史不案内11 演技する精神 」、『UP』、449号、26-27頁、2010.3

(6)マスコミ

新聞、「池大雅の「比叡山真景図」」、『東京新聞』・『中日新聞』、2008.2.16

インターネット、「俵屋宗達《風神雷神図屏風》――鉢巻をした雷神に見る聖と俗の美」、影山幸一「アート・アーカイブ探究」、2009.4.1

雑誌、「若冲との遭遇」、『電通報』、株式会社電通、2010.2.1

新聞、「『若冲屏風』は本人の作?」、『朝日新聞』朝刊、2010.5.1

(7)学会発表

18世紀京都の画家たち――複製技術時代の絵画」、シンポジウム「絵画の生成論」、東京大学駒場キャンパス数理科学科研究棟地階大講義室、2009.11.15


3.主な社会活動
 (1) 他機関での講義等

愛知県美術館特別講演、2008.2

社団法人如水会特別講演、2008.3

MIHO MUSEUM特別講演、2008.5

板橋区立美術館特別講演、2008.5

放送大学委嘱教授、2008.10

東京大学文学部特別講演、2009.8

和歌山県立博物館特別講演、2009.11

群馬県立館林美術館特別講演、2009.11

九州大学非常勤講師、2009.12

大東文化大学大学院特別講演、2010.1

(2) 行政

「文化庁」、文化財買取、文化財買取評議会委員、2008.12008.11

「文化庁」、文化財保護行政、国宝・重要文化財の指定などに関する審議、文化審議会専門委員(文化財部会)、2009.22010.2

「文化庁」、文化財買取、文化財買取評価委員、2009.92009.9

「文化庁」、文化財保護行政、国宝・重要文化財の指定などに関する審議、文化審議会専門委員(文化財分科会)、2010.22011.2

 (3) 学会

「美術史学会」、役員・委員、査読委員、2008.12008.2

「美術史学会」、役員・委員、常任委員、2008.62012.6

「美術史学会」、役員・委員、査読委員、2009.12009.2

「美術史学会」、役員・委員、学術雑誌編集委員、2009.62011.6

 (4) 学外組織(学協会、省庁を除く)委員・役員

「國華編輯委員会」、編輯委員、2008.4

「國華賞選衡委員会」、選衡委員、2008.4

「倫雅美術奨励基金」、倫雅美術奨励賞候補者推薦委員、2008.4

「鹿島美術財団」、推薦委嘱者、2008.4