教 授  池澤 優  (宗教学宗教史学研究室)

所属
  • 【思想文化学科】宗教学宗教史学専修課程
  • 【基礎文化研究専攻】宗教学宗教史学専門分野

死者儀礼・祖先崇拝といわれる宗教現象を比較文化的視点から考察することを主たる目的とし、そのための具体的な題材として中国古代の宗教を研究することを専門にする。先ず、古代中国の死ならびに死者(祖先)に対する観念と儀礼の背後にある宗教的宇宙観と救済論を明らかにし、それを通して死ならびに死者にかかわる宗教現象の普遍的構造とメカニズムを理論化し、更にそこから凡そ人間にとって死と死者が有する意味について、現代における状況を視野に含めて、考えることを目指している。
【研究テーマ】中国宗教研究・祖先崇拝
【キーワード】中国・殷周時代・甲骨文字・祖先祭祀・金文

連絡先

TEL:
03-5841-3767
詳細情報  2008-2009年度  2010-2011年度  2012-2013年度  2014-2015年度
研究室
研究施設