教 授  塚本 昌則  (フランス語フランス文学研究室/次世代人文学開発センター)

所属
  • 【言語文化学科】フランス語フランス文学専修課程
  • 【欧米系文化研究専攻】フランス語フランス文学専門分野
  • 【次世代人文学開発センター】萌芽部門

専門は、フランスの20世紀文学。とりわけポール・ヴァレリーを中心に、フランス近代文学を《詩学》(制作学)の観点から研究している。《詩学》とは、ジャンルとしての「詩」ではなく、テクストが産みだされる時に働くさまざまな力、矛盾、危機を解明しようとする研究である。また、言葉とイメージとの関係にも興味があり、夢、絵画、写真といったイメージの多様な現れを、フランス近現代の作家たちがどのように言語化しようとしたのかも追求している。これらの研究を通して、《近代》という時代の特質を捉えることを目指している。

詳細情報  2008-2009年度  2010-2011年度  2012-2013年度  2014-2015年度
研究室
研究施設