東京大学大学院人文社会系研究科附属北海文化研究常呂実習施設所蔵 常呂川下流域の考古資料コレクション

紡錘車紡錘車
No.56
名称紡錘車
出土遺跡トコロ貝塚Fトレンチ内竪穴
法量 (cm)(左)径6、(中)径6、(右)径6.4
時代擦文時代(後期〜晩期)
年代紀元11-13世紀
所蔵常呂実習施設
報告書『オホーツク海沿岸・知床半島の遺跡 上巻』(左)Fig.89-1、(中)Fig.89-2、(右)Fig.89-3
解説紡錘車は繊維に撚りをかける道具である。擦文文化の代表的な遺物の一つであり、農耕文化からの影響を示すものとされている。この例は断面形が台形で、片面や側面には沈線や刺突による文様が付されている。